2018年08月01日
Docker for Mac を使って WordPress の...
2018年07月29日
Docker for Mac のインストール
2018年07月08日
Docker 便利コマンドあれこれ
2018年07月08日
オライリーの Docker 本(Docker Up &...
2018年07月05日
iPad mini 2 を購入しました
2018年07月04日
Docker で Jenkins するときのあれこれ

HOME > カテゴリ(Mac)の記事

ブログ掲載用のスクリーンショット画像に Pixelmator でモザイクをかけてみた



レイヤーとかが普通に扱えて、しかも1,300円という値段設定が間違っちゃっている Pixelmator を使ってモザイク処理をしてみました。

ブログ記事内にスクリーンショットを掲載する場合、内容によっては見られたくない部分があったりする場合があります。

私は Skitch でスクリーンショットを撮ってそのまま加工していますが、これまでは Skitch でラインを引いたり、塗りつぶしたりして隠したりしてました。

こんな感じ。

CotEditor 2 1
だけどなんかちょっとヤダ。

隠す面積が狭ければ良いのでしょうが、それなりな面積となると・・・どうしたものか。

海苔みたいだし。

塗りつぶすのじゃなくてモザイク処理すれば良いのですが、私が使ってる旧バージョンの Skitch だとモザイク機能がないし。

関連記事:Skitch が v2.0 になってなんか使いにくくなってるのでダウングレードしてみた

じゃあってことで、Pixelmator でモザイクを掛けてみる事に。

( v2.1.4 – 28.962887MB )
カテゴリ:グラフィック&デザイン
リリース:2011-01-05
販売元:UAB Pixelmator Team
価格:1,300円


Pixelmator でのモザイク処理

  1. モザイク処理をする画像ファイルを Pixelmator で開きます。

    CotEditor 2 2 1

  2. 「Rectangle Markee Tool」で、

    Tools
    モザイクを掛けたい場所を選択します。

    130405 0005

  3. Effect Browserから「Stylize」を選びます。

    Effects Browser
    Effect Browser が表示されていない場合は、メニューバーから「View」→「Show Effects」を選択すると表示されます。

    130405 0001

  4. 一番上にある「Pixelate」をダブルクリックします。

    Effects Browser 1
    そうすると、

    130405 0006 1
    選択した範囲にモザイクが掛かりました。

  5. あとは、モザイクのサイズを調整して「OK」を押せば完了です。

    130405 0006 2

なんか SkitchPixelmator の画像の受け渡しとかが面倒くさかったり、なんだかなぁーな部分はありますが、海苔よりはマシかな。

冒頭画像のモザイクバージョンです。

CotEditor 12
あれ?

なんか海苔の方が画像がしまってて良い感じ・・??

ってか、完全にゴマだし。

海苔とゴマ、どうしたものか。

ここまで書いておいて何なんですが、別の色で塗りつぶせばそれが一番だということに、今更ながら気づきました。Skitch にはカラーピッカーが付いてるんだし。

CotEditor 13
一応・・・。

ゴマになっちゃうのは私がヘタクソなせいなのであしからず。Pixelmator があれば Photoshop いらずのとても良いソフトです。しかも 1,300円!

明らかに、値段設定間違えてますよね。

でわでわ。

( v2.1.4 – 28.962887MB )
カテゴリ:グラフィック&デザイン
リリース:2011-01-05
販売元:UAB Pixelmator Team
価格:1,300円






この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2013 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.