2018年08月01日
Docker for Mac を使って WordPress の...
2018年07月29日
Docker for Mac のインストール
2018年07月08日
Docker 便利コマンドあれこれ
2018年07月08日
オライリーの Docker 本(Docker Up &...
2018年07月05日
iPad mini 2 を購入しました
2018年07月04日
Docker で Jenkins するときのあれこれ

HOME > カテゴリ(iOS, Mac, 開発・ブログ運営)の記事

iPhone でメモ書きするときこそ Markdown は必須



なんでも食わず嫌いは良くありませんね。先入観だけで拒否してるととんでもなく損しちゃってたり。まさしく Markdown がそうでした。。

Markdown 記法というものがあるのは前から知ってましたが、いわゆる WEB サイトを作成する(HTMLコーディングする)場合にのみ使うものだと思ってました。

そもそもはそうだったのかもしれませんが、Markdown を覚えると、WEB サイトのための HTML コーディングをする以外に、むしろ普通のメモ書きをするときに使うとめっちゃ捗どります。

テキストエディタで(特に iPhone で)メモ書きすることってありますよね?

覚書的に WEB の情報を箇条書きでまとめたり。

っで、メモ書きするときは見出しを「<>」で囲ってみたり、メモの途中に「——–」で区切ってみたり、自分なりに見やすいようにオレオレルールで書いていませんか?

私はそうしてました。

っで、どうせオレオレルールで見易くするなら Markdown で書いちゃえば良いのでは?とふと思った次第(遅すぎ)。

今までは知りませんでしたが、Github なんかの README を書く場合も Markdown で書くのが当たり前みたい。

ようは、Markdown は WEBサイト作成時の HTMLコーディング用に使うというよりも、むしろテキストエディタで文書(README とか個人的なメモとか)を書く場合により使われてるっぽい。

でも、新しい記述方法を覚えるのも面倒だなぁと思ってましたが、いざ使ってみたらオレオレルールよりも簡単でした(笑)。


実際の書き方

Markdown 記法といってもほぼ普通に文書を書くだけ。

上下に空白行があれば勝手に <p></p> で囲ってくれます。

  
Markdown 記法というものがあるのは前から知ってましたが、HTML を記述する場合に Markdown を使うとラクチン!
  
(私の場合は)まだ HTML もちゃんと把握してないのに簡略記法はそのあとだよね、と思っていました。新しい記述方法を覚えるのも面倒だし。 
  

と書くと(1, 3, 5行目は空白行)、

Markdown 記法というものがあるのは前から知ってましたが、HTML を記述する場合に Markdown を使うとラクチン!

(私の場合は)まだ HTML もちゃんと把握してないのに簡略記法はそのあとだよね、と思っていました。新しい記述方法を覚えるのも面倒だし。

となります。(空白行で挟まれた文章が<p></p>で囲まれる)

文章の中(<p>&lt/p>)で改行したい場合は、改行したい場所(文末)に半角スペースを2回入れます。

  
(私の場合は)まだ HTML もちゃんと把握してないのに簡略記法はそのあとだよね、と思っていました。(半角スペース)(半角スペース)
新しい記述方法を覚えるのも面倒だし。 
  

とすれば(1, 3行目は空白行)、

(私の場合は)まだ HTML もちゃんと把握してないのに簡略記法はそのあとだよね、と思っていました。
新しい記述方法を覚えるのも面倒だし。

となります。その他にも色々とありますが、メモの整理用途であれば、見出しとリストだけ覚えれば十分。

見出し(HTMLでいう <h1></h1>)の場合は「#」を、
リスト(HTMLでいう <ul></ul>)の場合は「*」を、
順序付きリスト(HTMLでいう <ol></ol>)は「1. 」を、

それぞれ行頭につけるだけです。

ちなみに見出しは「##」と重ねると <h2></h2> に 「###」と3つ重ねると <h3></h3> になります。# を 4つ、5つと重ねれば、<h4><h5>・・・となります。

実際の使用例

今まではこんな感じでメモってました。Vagrant に関する覚書メモです。

------------------------------------
Vagrant コマンド
------------------------------------
vagrant up
vagrant reload
vagrant halt
vagrant destroy

------------------------------------
Vagrant の設定
------------------------------------

<共有フォルダ>
Vagrantファイルに以下を追加
config.vm.synced_folder "ホスト側Vagrantfileあるディレクトリ", "ゲスト側ディレクトリ"

これを Markdown で書き直すとこんな感じ

## Vagrant コマンド
* vagrant up
* vagrant reload
* vagrant halt
* vagrant destroy

## Vagrant の設定

### 共有フォルダ
* Vagrantファイルに以下を追加

```
config.vm.synced_folder "ホスト側Vagrantfileあるディレクトリ", "ゲスト側ディレクトリ"
```

これを Atom の Markdown プレビューで見るとこんな感じ。(右側がプレビュー)

Markdown atom

左側が Markdown で描いてあるテキストファイルですが、そのままでも十分見やすいと思います。スマホでも十分見やすい。


Markdown エディタについて

Markdown といっても単なるテキストファイルなので、どんなテキストエディタでも Markdown で書くことはできます(当たり前)。

ただ、Markdown 対応のテキストエディタには、Markdown で書いた内容を HTML に変換してプレビューしてみたり、HTML 変換して出力できたり、iPhone の Markdown 対応エディタだと、# とか * などのよく使う記号の入力補助がついてたりと何かと便利になっていますので、なるべく Markdown 対応のエディタを使った方が良いと思います。

私は Mac では Atom を、iPhone では Drafts4 を使ってます。

参考: Atom.io ダウンロード

価格:1,200円 – Agile Tortoise

まじでめっちゃ便利なので食わず嫌いな人もじゃんじゃん Markdown しちゃってください。

でわでわ。






この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2013 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.