2018年08月01日
Docker for Mac を使って WordPress の...
2018年07月29日
Docker for Mac のインストール
2018年07月08日
Docker 便利コマンドあれこれ
2018年07月08日
オライリーの Docker 本(Docker Up &...
2018年07月05日
iPad mini 2 を購入しました
2018年07月04日
Docker で Jenkins するときのあれこれ

HOME > カテゴリ(JavaScript, PHP, 開発・ブログ運営)の記事

git で簡単バックアップしてみる



今まで作業ディレクトリを bk_yyyy_mm_dd_ディレクトリ名.zip みたいにコピー&圧縮してバックアップを取っていたものを git を使ってやってみた。中途半端な状態であろうがなんだろうがとにかく保存(バックアップ)してみる。 そんで、いつでも任意の時点のバックアップを取得したい(戻れるようにする)

運用方法

* バックアップ用のブランチをつくる。
* 普段はバックアップ用のブランチで作業。
* バックアップする時は中途半端だろうがなんだろうが add -A して commit。
* いちいち add -A して commit は面倒くさいので シェルスクリプトで。
* コミット時のメモに日時を付け加えて、いつ時点のバックアップかをわかるように。
* cron で定期実行してもいいけど今はしていない。


参考

* gitで定期的にファイルをバックアップする


手順

  1. バックアップ用のブランチを作成してバックアップブランチへ移動する

    $ git checkout -b bk
  2. シェルスクリプトを作成して適当な名前で保存(backup.sh など)

    #!/bin/bash set -e content_dir="バックアップ対象のディレクトリ" set -x cd "$content_dir" git add -A git commit -m "backup at $(date "+%Y-%m-%d %T")" || true git push -f origin bk
  • バックアップ対象のディレクトリはフルパスで指定
    例:

    content_dir="$HOME/Vagrant/LAMP/www/hogehoge"
  • バックアップ対象のディレクトリは当たり前だけど git 管理していることが前提

バックアップの実行

  1. シェルを実行するだけ。実行すればありのままをコミットしてくれる

    $ ./backup.sh




この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2013 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.