2018年08月01日
Docker for Mac を使って WordPress の...
2018年07月29日
Docker for Mac のインストール
2018年07月08日
Docker 便利コマンドあれこれ
2018年07月08日
オライリーの Docker 本(Docker Up &...
2018年07月05日
iPad mini 2 を購入しました
2018年07月04日
Docker で Jenkins するときのあれこれ

HOME > カテゴリ(その他)の記事

新型 MacBook Air じゃなくて・・、最高級車ランボルギーニの開封の儀!!



あのー、わたくしがランボルギーニを買ったわけじゃないんですが・・・それが何か?

Mac ユーザー界隈では新型のマシンをゲットすると、外箱を開梱してマシンを取り出し、マシンのフォルムを眺めてムフフ、という一連の開封の儀と呼ばれる儀式があるようで、やっぱり、あこがれのマシンをゲットした時はムフフな訳で、そのムフフな気持ちをシェアした気持ちは良く分かる訳で。

そんなムフフな気持ちは、Mac ユーザーに限った話ではなく、高級外車オーナーも同じなのか、当時1億数千万円したランボルギーニ・レヴェントンをゲットしたオーナーが、その開封の儀(?)をシェアしてましたのでご紹介します。

出所:this is how you will get your Lamborghini
参考:新型 「ランボルギーニ、レヴェントン」発表 | ランボルギーニ・ジャパン

たった 1台のみのランボルギーニを積んだトレーラー。


クレーンで下ろしたあとは、クレートをあける。1億数千万円の高級車を扱うにはラフすぎる格好がなんともアメリカ人っぽい。(ちなみに場所は、ランボルギーニ・ラスベガスだそうな)


みんなで中を覗き込む。このあたりでムフフな気持ちが加速度的に上がっていくのでしょうか。


クレートの側面を開けると全貌があらわに。


ジャジャン!これが世界で 20 台限定のランボルギーニ。お値段なんと1億6,000万円(当時)。ムフフ度120%!!


ボディーカバーを外します。オヤジの格好は相変わらずラフラフ。


ボディーはオールカーボン。


ななめ前から


真正面から


真後ろの図


「コックピット」と言いたくなる運転席。


ガンダム風なインパネ


興味が無い人にしてみれば、何訳の分からん事してるのさってなもので、私もむかーしに一度だけ、みなさんを真似て開封の儀をしようとしたところ、奥さん曰く「じゃまだからどいて」っであえなく断念。

ってことで、フェラーリ買ったら(買えないけど)開封の儀にチャレンジしてみたいと思います。ムフフ。

でわでわ。





この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2013 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.