2018年08月01日
Docker for Mac を使って WordPress の...
2018年07月29日
Docker for Mac のインストール
2018年07月08日
Docker 便利コマンドあれこれ
2018年07月08日
オライリーの Docker 本(Docker Up &...
2018年07月05日
iPad mini 2 を購入しました
2018年07月04日
Docker で Jenkins するときのあれこれ

HOME > カテゴリ(データベース)の記事

MAMP でインストールした phpMyAdmin のアップロードファイルサイズを変更してみた



MAMP でインストールした MySQL に phpMyAdmin で SQL をインポートしようとして、SQL ファイルをアップロードしたらエラーが出たので、アップロードファイルサイズを変更したら、無事解決したという話。

本番環境の MySQL データをエクスポートして、ローカル環境(MAMPで構築)にインポートしようとしたら、「アップロードファイルサイズが大きすぎる」とエラーが出た。

早速ググってみたら、php.ini にある、

memory_limit
post_max_size
upload_max_filesize

の、それぞれの値を

memory_limit > post_max_size > upload_max_filesize

になるようにすれば良いみたい。(memory_limit の値が一番大きくて、upload_max_filesize の値が一番小さい)

参考:小粋空間: phpMyAdmin のアップロードファイルサイズを変更する

ってことで、php.ini がある場所を探してみる。

Alfred で、php.ini を検索したら php.ini が沢山出てきて、PHP のバージョン違い毎にそれぞれのフォルダに php.ini があるのはわかるのだけど、同じバージョンの php.ini が複数あったりする。

例えば、PHP 5.4.3 の場合、

/Applications/MAMP/conf/php5.4.3/php.ini
/Applications/MAMP/bin/php/php5.4.3/conf/php.ini

の2つでてきた。さらに、そもそも MAMP で使っている PHP のバージョンも判らないし・・。

結論から言えば、phpinfo で PHP のバージョンも、php.ini ファイルの場所も確認できました。

phpinfo とは、PHP に関する情報を出力してくれる関数で、


と書けば、PHP の設定内容(php.ini の設定内容)などがずらずらと出力される。

MAMP では、スタートページの左上に phpinfo へのリンクがあるので、それをクリックすれば phpinfo の出力内容が確認できる。便利。



早速、スタートページから phpinfo をクリックすると、一番始めに PHP のバージョンが、「Configuration File (php.ini) Path」っていうところに、php.ini の場所が出てくる。



ってことで、

/Applications/MAMP/bin/php/php5.4.3/conf/php.ini

の、php.ini の

memory_limit
post_max_size
upload_max_filesize

の値をそれぞれ、32M から 128M に変更して保存。(全て同じ値でもおっけー)

あとは、Apache を再起動したら無事アップロードできました♪

小粋空間さんの「phpMyAdmin のアップロードファイルサイズを変更する」的確過ぎ。Thanx!!

でわでわ。






この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2013 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Designed by Theme Junkie. Powered by WordPress.