1. HOME
  2. PC
  3. Mac
  4. カメラから写真データを取り込むのに EOS Utility がとっても便利な件
2012年03月17日
VMWare Fusion 4 + ソフト10本で $49.9 ...
2012年07月26日
メモリ 4GB の MacBook Air でも Mounta ...
2013年03月30日
Alfred の設定画面を簡単に開くショートカットキー ...
2012年06月14日
MacBook Air 4GB メモリー 256 SSD の体 ...
2013年12月05日
SimpleCap が便利過ぎた!Mac で メニューバーだけ ...
2013年03月21日
写真データ管理のために Lightroom 4 を試してみた ...

カメラから写真データを取り込むのに EOS Utility がとっても便利な件

EOS 7D に付属する EOS Utility というアプリが便利だったよ、という話。ってか今どきは、こんな事くらいできて当たり前なのかな?

デジカメを買えば、ほとんどの場合パソコンに写真データを取り込むユーティリティソフトが付属していると思いますが、EOS の場合は、EOS Utility というソフトが付属しています。

Eos utility 1

参考:EOS Utility マニュアルダウンロード

っで、これを使って写真データを取り込むわけですが、これがなんとも便利なのです。

写真データの管理方法は色々あると思いますが私の場合、Pictures フォルダを起点に、その中に「2013年」とか「2012年」とか年毎のフォルダを作成し、さらにそれぞれの年毎フォルダーの中に「1月」から「12月」までの12個のフォルダーを作成し、さらにさらに月別フォルダーの中に、例えば2013年1月1日に撮影したファイルであれば「20130101」のようなフォルダを作成して、その中に写真データを保存しています。

ようは、2013年1月1日に撮影した写真データは、

/Pictures/2013年/1月/20130101/写真データ.jpg

のような感じ。

っで、以前使っていたコンパクトデジカメに付属していたデータ取り込み用のユーティリティーソフトだと、指定した1つのフォルダーに撮影日時に関わらず全ての写真データを取り込んでいたので、取り込んだ後に手動で上記の通りデータを整理してました。

めっちゃ面倒くさい。

だけど EOS Utility では、ちゃんと上記のように年別、月別の階層を作って写真データを取り込んでくれます。どんな階層を作るのか?は EOS Utility で任意に設定できますから、私のように撮影日別じゃなくてもイベント別など、自分が管理しているフォルダ階層に合わせて、写真データを取り込んでくれます。

これは便利!

今まではデータ取り込み後のデータ整理が面倒くさくて、せっかくデジカメで撮影してもデータ取り込みをせずにそのまま放置してたり、取り込んだだけでまったく整理してなかったりだった訳ですが、EOS Utility でデータを取り込むようになってからはとっても快適。

そんなこと、いまどきのデジカメに付属しているユーティリティーだったら当たり前だよ、と言うことかもしれませんけど・・。

デジカメを買うときはカメラ自体の機能などは当然だけど、付属のソフトの使い勝手がどうか?まで含めて検討すると良いかもしれませんね。

Mac であればなんも考えずに全ての写真データをひとつのフォルダに保存して、スマートフォルダで区分けするなど、様々な管理方法が考えられますが、とりあえず上記の通り撮影日別での管理方法に落ち着いてます。

より良い管理方法があればおせーて。

でわでわ。







この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.