1. HOME
  2. PC
  3. Mac
  4. いつの間にやら Alfred がメジャーアップデートで Alfred 2 へ
2014年08月31日
MacBook Pro Retina 15インチ(mid 20 ...
2012年07月28日
Mountain Lion で Air Play ミラーリング ...
2013年04月24日
Alfred で Finder 標準のフォルダを開く(へ移動す ...
2012年02月13日
Mac で FTP するときは muCommander ! ...
2014年08月20日
Mac に wget をインストールしてみた
2013年12月01日
インストールされてないと Mac を使う気になれない神アプリ ...

いつの間にやら Alfred がメジャーアップデートで Alfred 2 へ

超絶便利なランチャーアプリが v2 へメジャーアップデート!!



カメラとかにうつつを抜かしている間に、これがなければ Mac の魅力半減(自分比)な、ランチャーアプリ Alfred が、先々週(3/14)にメジャーアップデートしてました。

ちなみに、3/14 は娘の誕生日 ;-)

プレスリリース – Alfred v2 is here! | Alfred App – Mac OS X Quicklaunch Application(英語)

Alfred v2 は、今まで(v1)の Alfred をアップデートする形ではなく、別アプリとして提供されているようなので、v1 と v2 を同時に起動できたりします(意味ないけど)。

なので、v1 で有料の Powerpack を購入している人も、v2 でも Powerpack を使いたい場合には新たにライセンスを購入する必用があります・・。v1 のライセンスを持っている人は 10 ユーロ(1,250円)で、v2 のシングルライセンスを購入できます。

新規でライセンスを購入する人は 15 ユーロ。(1,850円くらい)

Powerpack が無いと Alfred の魅力は 1/10 くらい(自分比)なので、追加購入してアップグレードしないわけにはいきません。

ちなみに Mega Supporter というライセンスがあって、30ユーロ で生涯ずーっとアップグレード料金が掛からないライセンスもありますので、Alfred 命な人はこちらの方がお得かもしれません。

こんなライセンスがあるくらいだから、v3、v4 とアップデートするたびに別途ライセンスが必要になるんだろうなぁ・・・。

v2 の新機能

設定画面のデザインが一新されてますが、機能的な変更点は正直良く分かってません。というか先ほどダウンロードしたばかりなので・・。



ただ、v1 時代にめっちゃ便利な Extensions と HotKeys が Wordflows として統合(?)されて UI も含めて大幅にアップグレードされてるみたい。



参考:Workflows – Alfred v2 Support(英語)

何がどう強化されたのか良く分かりませんが、Alfred では Powerpack を導入すると File Action(選択したファイルやフォルダを任意のアプリで開いたり、移動したり、コピーしたり、ゴミ箱に入れたりする機能)という機能が使えるようになりますが、v2 では自由に File Action を追加できる(?)ようになったり、ますます便利な予感。

その他は、テーマ関連だとかがちょこちょこ変わってるみたいです。

ちょっと時間があるときにいろいろと試してみたいと思います。

参考:Alfred v2 Support site(英語)
参考:Alfred v1 Support site(英語)

また、内容は v1 ですけど、こちらで Alfred の便利な使い方や設定を紹介していますので、興味がある人は見てやってください。ほとんどの操作(設定)は v2 でもほとんど変わらないと思うけどどうなんだろ。

関連:Alfred まとめ

でわでわ。







この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.