1. HOME
  2. PC
  3. Mac
  4. Alfred 2 の Workflows で Google サジェスト検索をしてみる
2012年07月27日
アプリケーションの Mountain Lion 対応状況 ...
2012年10月24日
今度は無料!$299分のアプリ(20本)がタダ!! by Ma ...
2013年03月30日
Alfred の設定画面を簡単に開くショートカットキー ...
2012年07月25日
Mac OS X Mountain Lion のダウンロード販 ...
2013年11月21日
Mac で文字を削除するときに「Backspace」と「del ...
2012年06月14日
MacBook Air 4GB メモリー 256 SSD の体 ...

Alfred 2 の Workflows で Google サジェスト検索をしてみる

超絶便利なランチャーアプリ Alfred が Alfred 2 へメジャーアップデートされて Google WEB 検索がさらに便利になりましたよ!

今年の 3/14 にメジャーアップデートされたランチャーアプリの域を超えてる Alfred 2 の新機能 Workflows を使うと、Google サジェストが使えます。

Google サジェストとは、Google の Web 検索の補助機能で、検索キーワードを入力するとリアルタイムで検索ワードの候補を表示してくれる機能です。

こんなの。

NewImage

Alfred では v1 時代から Google の WEB 検索や画像検索などをすることができましたが、Alfred 2 になって検索キーワードがベロベロっと出てくるようになったので、わざわざブラウザを起ち上げて、検索する必要がなくなりました。

わーい。

Google サジェストを使えるように設定してみる。

Alfred のデフォルト設定のままで、「google」と入力する事によって WEB 検索をすることができますが、キーワード候補はベロベロっとは出てきません。

Alfred 2

なので別途設定が必要となります。設定は簡単です。

  1. Alfred の設定画面を開いて、Workflows タブをクリックします。
    Alfred Preferences 3
  2. Workflows の設定画面が開いたら、左下の「+」をクリックして、Examples → Google Suggest を選択します。
    Alfred Preferences 2
  3. これで Google サジェストが追加されました。
    Alfred Preferences 4

Google サジェストを使ってみる

  1. Alfred の検索ウインドウを開きます。 Alfred 2 1
  2. キーワード「g」に続けて(スペースを入れて)、検索ワードを入力すると、ベロベロっと検索キーワード候補が出てきます。
    Alfred 2 2

これは、PHP を使って Google Suggest API から 検索キーワード候補を XML で取得して表示しているようです。

PHP で なんらかしらの API 使って XML 取得して、それを表示できるという事は、色々なことができそうですね。なんか、Workflows の可能性を感じます。

ということで、Alfred を使ってジャンジャン Google サジェストしちゃいましょう。

でわでわ。






この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.