1. HOME
  2. PC
  3. Mac
  4. Alfred 2 で Workflow を作成して サクッと Google WEB 検索してみる
2012年07月31日
Mountain Lion の新機能 Air Play ミラー ...
2012年06月15日
新型 MacBook Air(Mid 2012)に買い替えるか ...
2014年09月04日
Mac を買ったらまずやるべき最低限のキーボード設定
2012年03月19日
Mac のキーボードショートカットで使う特殊キーは「⌘Comm ...
2014年08月27日
MacBook Pro Retina 15インチ(Mid 20 ...
2013年04月04日
快適に WEB ブラウジングをしたいなら 「f」を押せ! ...

Alfred 2 で Workflow を作成して サクッと Google WEB 検索してみる

Alfred にはグローバルホットキーというとても便利な機能があったりしますが、使っている人は少ないようで・・。めっちゃ便利なので試してみてください。結構感動すると思います。(ほんとか?)

Alfred にはグローバルホットキーなる超便利な機能があって、私的には必須の機能でしたが、Alfred が Alfred 2 になってから、グローバルホットキーの設定はなくなって Workflow として作成するように変わりました。

なので(?)Alfred からのグローバルホットキー設定は Alfred 2 にインポートできません・・。。

また、Alfred 2 からは Workflow として作成する訳ですが、とりあえずこの記事ではグローバルホットキーと表記してます。

そもそもグローバルホットキーとは?

単純に言えば、アプリの起動やファイルを開いたり、特定のURLにアクセスする、というようなアクションに、キーボードショートカットを割り当てる事ができる、ということだけなんだけど、Alfred のグローバルホットキーが便利なのはアクションを実行する際に、選択している文字列を渡す事ができるということ。

例えば、Google WEB 検索をするグローバルホットキーを設定しておけば、PDF 書類とかを見てるときに WEB で調べたい語句が出てきたら、調べたい文字列を選択して、あらかじめ設定しておいたグローバルホットキーを押すだけで、ブラウザが起動して選択した文字列の検索結果が表示されます。

例えば、辞書.app を起動するグローバルホットキーを設定しておけば、WEB を見ている時に意味の分からない英単語が出てきたら、その英単語を選択してグローバルホットキーを押すと、辞書.app が起動して選択した英単語のページが開きます。

ようは、文字列さえ選択できれば PDF 書類だろうが WEB サイトだろうが何だろうが、あらかじめ設定しておいたグローバルホットキーで、選択した文字列を渡しつつ任意のアクションが起こせるので、Google 検索、Wikipedia 検索、辞書.app で調べたり・・がワンタッチで実行できるという、自分的には Mac を使う上では欠かせない機能だったりします。

グローバルホットキーの設定をしてみる(Alfred v1)

Alfred と Alfred 2 では設定方法が違います。Alfred の人は、以下の記事を参考にしてみてください。

関連記事:Alfred のホットキーを設定したら Google 検索 がめっちゃ快適に!
関連記事:Alfred のホットキーを設定したら Google マップ検索がめっちゃ快適に!
関連記事:Alfred のホットキーを設定したら Google 画像検索がめっちゃ快適に!
関連記事:Alfred のホットキーを設定したら Wikipedia 検索がめっちゃ快適に!
関連記事:Alfred のホットキーを設定したら 辞書.app がめっちゃ快適に!

グローバルホットキーの設定をしてみる(Alfred 2)

Alfred 2 の場合はグローバルホットキーの設定画面は無くなって、Workflow として作成するようになりました。

  1. まずは空っぽの Workflow を作成します。空っぽの Workflow の作成は、Alfre の設定画面を開いて Workflows タブをクリックします。

    Alfred Preferences 15

  2. 左下の「+」をクリックして「Blank Workflow」を選択します。

    Alfred Preferences 16

  3. Workflow に好きな名前を付ける。ここでは「GHK – Google WEB 検索」にしてみました。名前を入力したら、「Create」ボタンを押すと、空っぽの Workflow が作成されます。

    Alfred Preferences 17

ここから、作成した Workflow の中身を作っていきます。

  1. 右上の「+」を押して「Triggers」→「Hotkey」を選択します。

    Alfred Preferences 18

  2. 表示されたダイアログに設定したホットキーを入力します。ここでは「コマンド」+「オプション」+「g」にしてみました。

    Alfred Preferences 19

  3. さらに、ダイアログ内の「Action」を「Pass through workflow 」にして「Argument」を「Selection in OS X」に設定したら「Save」ボタンを押して保存してください。

    Alfred Preferences 20

  4. もう一度、右上の「+」を押して、今度は「Actions」→「Default Web Search」を選択します。

    Alfred Preferences 21

  5. 以下の通りダイアログ内で設定をしたら「Save」を押して保存します。

    Alfred Preferences 22

  6. 最後に、ここをドラッグして・・・

    Alfred Preferences 23
    右側と連結します。

    Alfred Preferences 24

  7. これで Workflow は完成です。Alfred の設定画面は閉じても構いません。お疲れ様でした♪

    グローバルホットキーで Google WEB 検索をやってみる

    WEB サイトでも PDF 書類でもテキストファイルでも、Google WEB 検索したい文字列を選択します。

    Alfre 2 でグローバルホットキーを作成してみた
    この記事を書いているアプリ(MarsEdit )で、「ドラッグ」を選択してみました。

    ここで設定したグローバルホットキーを押します。
    (ここでは「⌘」+「オプション」+「g」)

    すると、ブラウザが起動して、

    ドラッグ  Google Search
    「ドラッグ」の検索結果が表示されました。

    でわでわ。







この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.