1. HOME
  2. PC
  3. Mac
  4. Mac の保存ダイアログでファイル保存する時も Alfred を使うと便利かもしれない
2013年04月01日
まさかまさかのアップルからのメール!!!
2013年03月27日
Alfred 2 で Google サジェストを使う場合のキー ...
2012年07月27日
アプリケーションの Mountain Lion 対応状況 ...
2014年09月03日
Google Chrome 64bit 対応版がリリースされて ...
2013年04月24日
Alfred で Finder 標準のフォルダを開く(へ移動す ...
2013年04月23日
Alfred 2 の Workflow で Wikipedia ...

Mac の保存ダイアログでファイル保存する時も Alfred を使うと便利かもしれない

Alfred の導入などで随分使いやすくなった Finder ですが、どうも保存ダイアログが使いにくい。

これも Alfred で解決出来るかも??

ファイルを保存する時に出てくるおなじみの、

CotEditor 3

これ。

保存するファイル名の隣にある「▼」をクリックすると、

CotEditor

拡張表示する事もできます。

っで、ここからファイルの保存先を選んで「Save」する訳ですが、保存先を選ぶのがどうも面倒くさい。

よく使うフォルダをサイドバーに登録しておけば良いのですが、そうするとサイドバーが溢れかえる・・・。

ということで、Alfred を使って、保存先を選択出来ないものか、と。

Alfred で保存先を選択してみた

ということでやってみました。

  1. 保存ダイアログが表示されている状態で、Alfred を起動します。

    Alfred 2 4

  2. 起動したら、保存したいフォルダを検索。(サイドバー登録してあるので意味ないけど)ここでは Download フォルダに保存することにしてみます。

    なので、Download フォルダを検索。私の場合は「do」の2文字を入力したら、先頭に Download フォルダが出てきました。

    Alfred 2 5

  3. すかさず File Action へ切り替えます。デフォルトでは「→」キーです。(ちなみに私は TAB キーに設定してます。)

    Alfred 2 6

  4. っで、「path」と入力すると「Copy path to Clipboard」というファイルアクションが出てきますので、リターンキーを押します。(私の場合は、「p」だけで一番上に表示されました。)

    Alfred 2 7
    これで、Alfred のウインドウが閉じて、Download フォルダのパスがクリップボードに保存されます。

  5. Alfred が閉じた時には、保存ダイアログがアクティブになっていると思いますので、「⌘(コマンド)+Shift+g」を押すと、保存先のフォルダをパスで指定するウインドウが開きます。

    CotEditor 1

  6. そのまま「⌘(コマンド)+v」で、Alfred で取得したフォルダのパスをペーストして、「OK」をクリックすれば目的の Download フォルダに移動します。

    CotEditor 4

  7. 後は、ファイル名を付けてリターンすれば目的のフォルダに保存されます。

なんだか余計に面倒くさそうだけど・・・??

活字にしちゃうと手順が多くて面倒そうだけど結構使えるかも。

この方法の良い点は、キーボードで作業が完結することと、目的のフォルダーに移動した後も、拡張子を除いたファイル名が選択状態のまま残っていること。

なので、パスを指定して目的のフォルダに移動したら、そのまま保存ファイル名を変更出来ます。

いくら Alfred が便利だからといって、なんでもかんでも Alfred ってのはどうかと思いますが、保存ダイアログでのフォルダ指定には結構使えるかも、ですよ。

まだ、ふと思いついただけでこの方法は活用してませんが、しばらく試してみようと思います。

でわでわ。







この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.