1. HOME
  2. PC
  3. Mac
  4. Alfred でも Quick Look(クイックルック)でファイルの内容を確認することが出来る
2014年04月17日
SSH の文字化け対策
2013年03月30日
フォトストリームに保存されている画像をスマートフォルダを使って ...
2014年04月23日
muCommander を Finder ライクなショートカッ ...
2014年09月05日
Mac を買ったらまずやるべき最低限のトラックパッド設定 ...
2014年08月06日
10分でできる!Mac からエックスサーバーに SSH 接続す ...
2013年04月17日
Mac ブロガー必見!iTunes Search API でア ...

Alfred でも Quick Look(クイックルック)でファイルの内容を確認することが出来る

Quick Look(クイックルック) ってちょっとした時に便利な機能だと思いますが、Alfred で検索しているファイルやらフォルダも Quick Look できちゃいますよ♪

Alfred の検索ウインドウに表示されているファイル(フォルダ)の内容を簡単に Quick Look(クイックルック)で見る事が出来ます。

Finder では、スペースキーを押すと選択されているファイル(フォルダ)の中身が Quick Look(クイックルック)できますが、Alfred の場合は「Shift」キーを押す事によって、Quick Look(クイックルック)する事が出来ます。

Alfred の検索ウインドウで、

Alfred 2 1

「Shift」キーを押すと、

130408 0009


選択されているファイルが Quick Look(クイックルック)で表示されました。

File Navigation でも、

Alfred 2

「Shift」キーを押すと、

130408 0008


Quick Look(クイックルック)で、ファイル内容が表示されます。

Quick Look 出来ないんだけど・・・

もしも、「Shift」キーを押しても Quick Look(クイックルック) できない場合は、Alfred の設定画面の「Features」→「File Search」→「Advanced」の中にある、「↑ to Quick Look selected item」のチェックが入っているか確認してみてください。(デフォルトではチェックが外れてるかもしれません・・・。)

Alfred Preferences


私は普段から Quick Look(クイックルック)はほとんど使いませんけど、クイックルッカーな人にとっては便利な機能かも知れませんね。

でわでわ。







この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.