1. HOME
  2. PC
  3. Mac
  4. Alfred で Finder 標準のフォルダを開く(へ移動する)ショートカットキーを使いやすくする
2012年06月15日
新型 MacBook Air(Mid 2012)に買い替えるか ...
2013年04月12日
Mac ユーザー必須の神アプリ Alfred 2 本体と Po ...
2014年08月10日
Alfred でサクっと SSH 接続してみる
2013年12月05日
SimpleCap が便利過ぎた!Mac で メニューバーだけ ...
2014年09月01日
Apple Store で注文したら何日くらいで届くのか?(2 ...
2012年05月10日
Alfred でサクッとフォルダやファイルを任意のアプリケーシ ...

Alfred で Finder 標準のフォルダを開く(へ移動する)ショートカットキーを使いやすくする

ホームフォルダなどを開くショートカットキーを Alfred の Workflow でもっと便利にしてみました。

Finder でよく利用するショートカットキーのひとつに、フォルダーを一発で開いたり移動したりするショートカットキーがあります。

以下、ショートカットキーの一覧です。

ショートカットキー開くフォルダ
「Shift」+「⌘(コマンド)」+「A」「アプリケーション」フォルダ
「Shift」+「⌘(コマンド)」+「C」「コンピュータ」ウインドウ
「Shift」+「⌘(コマンド)」+「D」「デスクトップ」フォルダ
「Shift」+「⌘(コマンド)」+「H」「ユーザのホーム」フォルダ
「Shift」+「⌘(コマンド)」+「I」「iDisk」
「Shift」+「⌘(コマンド)」+「K」「ネットワーク」ウインドウ
「Shift」+「⌘(コマンド)」+「O」「書類」フォルダ
「Shift」+「⌘(コマンド)」+「U」「ユーティリティ」フォルダ

Finder 上で、何かのウインドウ(フォルダ)を開いている状態でこれらショートカットキーを押すと、それぞれのフォルダに移動する事が出来ますが、ウインドウが(フォルダが)何も開いていない状態からでも、ショートカットキーを押す事によってそれぞれのフォルダを開く事が出来ます。

ただ、Finder がアクティブになっていないと、これらショートカットは使えません。

いちいち Finder に切り替えて、ショートカットキー押して・・ってのは面倒だったりするので、Alfred & Powerpack を導入している人は、上記ショートカットを Workflow で設定しておけば、どのアプリがアクティブになっていても、これらショートカット(と同じ事)が実現出来ますよ、という話。

Workflow を設定する

Workflow を作成します。といってもめちゃくちゃ簡単。

Alfred の設定画面を開いて「Workflows」を選択し左下の「+」をクリックします。「+」をクリックするとメニューが出ますので「Blank Workflow」を選択します。

130422 0004


ダイアログが出たら、Workflow に分かりやすい名前をつけます。ここでは、「Finder ショートカット」という名前にしてみました。

ついでにアイコンも付けてますが別にアイコンはなくても構いません。アイコンを付ける場合は、付けたいアイコンをドロップしてください。

Alfred Preferences


名前をつけたら「Save」ボタンを押して保存します。

まずは、デスクトップフォルダーを開くショートカットキーを作ってみます。ちなみに Alfred ではショートカットキーではなく、グローバルホットキーと呼ばれてます。

グローバルホットキーとはその名の通り、どのアプリがアクティブな状態であっても有効なショートカットキーです。

画面右上の「+」をクリックするとメニューが出てくるので「Triggers」→「Hotkey」を選択します。

130422 0005


そうするとダイアログが開くので一番上の「Hotkey」に、Finder のショートカットキーを設定します。

ここでは、デスクトップフォルダーを開くグローバルホットキー「Shift + ⌘(コマンド)+ D)」を設定します。「Hotkey」フィールドをアクティブにして、「Shift + ⌘(コマンド)+ D)」を押すと設定完了です。

Alfred Preferences 1


「Hotkey」の設定が終わったら「Save」ボタンを押して保存します。画面の右側は以下のようになったと思います。

Alfred Preferences 3


次に、もう一度画面右上の「+」をクリックして「Actions」→「Launch Apps/Files」を選択します。

130422 0006


そうするとダイアログが開くのでデスクトップフォルダをダイアログの中にドロップします。ドロップしたら「Save」ボタンをクリックして保存します。

130422 0007 1


あとは、作成した2つのオブジェクトを連結させるだけです。初めに作成した「Hotkey」の右はじを摘んで、「Launch Apps/Files」に連結すれば完成です。

Alfred Preferences 4


これで、デスクトップフォルダを開くグローバルホットキーが完成しました。

試しに、Finder 以外のアプリがアクティブな状態で「Shift + ⌘(コマンド) + D」を押すと、デスクトップフォルダが開きます。

同じ要領でグローバルホットキーに設定したい、フォルダを開く Finder のショートカットを、「Hotkey」と「Launch Apps/Files」のペアを作成すれば、おっけー。

Alfred Preferences 5


上記スクリーンショットでは、4つのグローバルホットキーを設定してあります。

Finder 上でフォルダを開くショートカットをよく使う人にはおススメです。

簡単に設定出来るのでチャレンジしてみてください。

でわでわ。







この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.