1. HOME
  2. PC
  3. Mac
  4. Alfred 2 で Mavericks で追加されたファイル/フォルダのタグ付けをしてみる
2012年10月24日
今度は無料!$299分のアプリ(20本)がタダ!! by Ma ...
2012年06月06日
Alfred でサクッと音楽を聴いてみる( iTunes との ...
2012年06月13日
MacBook Air は 4GB メモリでどこまで使えるか? ...
2014年01月08日
アプリ切り替え(⌘コマンド+タブ)のショートカットキーが進化し ...
2013年04月12日
Mac ユーザー必須の神アプリ Alfred 2 本体と Po ...
2012年10月16日
残念! Twitter クライアント Echofon デスクト ...

Alfred 2 で Mavericks で追加されたファイル/フォルダのタグ付けをしてみる

Mavericks から、ファイルやフォルダにタグ付けすることが出来るようになりましたが、みなさん活用してますか?

タグを付けたり外したりが面倒くさいけど。。。な人は Alfred の Workflow で解決かも

先日無償で提供が開始された Mac OS X の最新バージョンである Mavericks ではさまざまな機能追加がされていますが、その中でもファイルやフォルダに「タグ」付けが出来る機能はとっても良さげ。

ただ、いざ使ってみるとタグ付けが面倒くさい。

ファイル保存時にもタグを付ける事はできますが、既存のフォルダやファイルにタグ付けする場合には、いちいち「⌘+i」で情報ウインドウを開いてタグを付けたり削除する必要があります。

なんだかなぁ〜な訳ですが、Alfred でなんとかならんもんかと思った所、早速、タグ付けするための Workflow(Mavericks Tags) を作成して公開してくれているドイツ人の開発者の方がいました。

参考:Handle Mavericks Tags with Alfred 2 | Marko Kästner

Mavericks Tags では、タグ付け、タグの削除、タグが付いているファイル/フォルダの検索が行えます。

Mavericks Tags のインストール

Mavericks Tags は、Alfred の Workflow なので、Alfred がインストールされてないと使えません。また、Alfred 自体は無償でダウンロードできますが、Workflow を使うためには有償の Powerpack が必要です。

関連記事:Mac ユーザー必須の神アプリ Alfred 2 本体と Powerpack をインストールしてみる

Alfred さえインストールしてあれば、Mavericks Tags のインストールは通常の Workflow と同じでとても簡単です。Workflow ファイルをダウンロードしてダブルクリックするだけ。

Workflow ファイルは、作者の HP からダウンロードする事ができます。

ダウンロード:Handle Mavericks Tags with Alfred 2 | Marko Kästner

記事中段にある「Download」をクリックするとダウンロードが始まりますので、デスクトップにでも保存してください。

MavericksTags

ダブルクリックしてインストールしたあとは、ダウンロードしたファイルは削除しちゃっても OK です。

MavericksTags の設定をする

特に設定をすることなく使う事はできますが、ホットキーの設定をすると、Finder 上でタグ付け(または削除)したい、ファイルなりフォルダなりを選択した状態で、ホットキーを押せば、瞬時に MavericksTags の画面になるので便利です。

Alfred の設定画面を開いて、「Workflows」→「Mavericks Tags」を選択します。

MavericksTags 01

設定画面左側の「Hotkey」をダブルクリックします。

MavericksTags 02

ダイアログが開くので「Hotkey」を選択して、設定したいホットキーを押します。

私は、「⌘+Shift+T」を設定してみました。

MavericksTags 03

設定したら「Save」をクリックして保存してください。

これでホットキーの設定は完了です。

Mavericks Tags でタグを付けてみる

まずはタグを付けてみます。

タグを付けたいフォルダなりファイルなりを Finder 上で選択したら、先ほど設定したホットキーを押します。

ホットキーを押すと下の画像にある状態で Alfred ウインドウが開きます。

MavericksTags 04

「Add Tag」を選択すると Alfred のキーワードが「.Tag Add」に変わりますので、半角スペースを空けて、付けたいタグ名を入力し、「Add Tag test」を選択すればタグ付けされます。

MavericksTags 05

ここでは、「test」というタグを付けてみます。

タグが付けられると通知センターで通知されます。

MavericksTags 06

Mavericks Tags でタグを削除してみる

タグを外したいフォルダなりファイルを Finder 上で選択してホットキーを押します。

タグが付いている場合には、付いているタグが表示されますので、それをクリックするとタグが外れます。

MavericksTags 07

タグを削除した場合も、通知センターで通知してくれます。

MavericksTags 08

Mavericks Tags で特定のタグ付けされてるファイル/フォルダを検索してみる

Mavericks Tags では、タグが付いているファイル/フォルダを検索する事もできます。

普通に Alfred ウインドウを開いたら、「.tag」と入力します。

そうすると「Search Files/Folders by Tag」と表示されるので、それを選択。

MavericksTags 09

画面が切り替わったら、検索したい「タグ」を入力します。そうすると、指定したタグが付いているファイル/フォルダが一覧表示されますので、あとは普通に 開くなり、Action を実行するなりしてください。

MavericksTags 10

まとめ

Mavericks Tags は、ホットキーで呼び出しても、自分でキーワード「.tag」や「.tagged」を入力しても使えますので、シチュエーションに応じて使い分けてみてください。

Alfred の「Action」からもタグ付けする事ができますよ。

関連記事:Macユーザー必須の神アプリAlfredの基本的な使い方とか設定方法とか その1(検索&アクション)

関連記事:Alfred まとめ

まだ、どうやってタグを活用したら良いかわかってませんけど、Mavericks Tag でサクッとタグ付けが出来るのであれば、タグの活用を考えてみても良いですね。

ただ、複数ファイル/フォルダに同時にタグを付けたり外したりが出来ないことだけはちょっと残念。欲張り過ぎですね。

いずれにしても Mavericks Tags の作者に感謝!

でわでわ。







この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.