1. HOME
  2. PC
  3. Mac
  4. アプリ切り替え(⌘コマンド+タブ)のショートカットキーが進化してる??
2014年09月22日
Mac を買ったらまずやるべき最低限のセキュリティー設定 ...
2013年12月05日
SimpleCap が便利過ぎた!Mac で メニューバーだけ ...
2014年09月08日
Adobe Creative Cloud で OS の言語設定 ...
2012年12月11日
エックスサーバーにあるデータのバックアップをしてみた。 ...
2012年05月23日
Finder で操作をしているときに、Alfred でサクッと ...
2014年08月27日
MacBook Pro Retina 15インチ(Mid 20 ...

アプリ切り替え(⌘コマンド+タブ)のショートカットキーが進化してる??

なくてはならないアプリ切り替えのショートカットキーですが、偶然にもアプリ切り替えショートカットでウインドまで選択出来る方法を見つけちゃいました(今更?)

偶然、さきほど気づきました。

よく使うショートカットキーにアプリ切り替え(⌘(コマンド)+TAB キー)がありますが、このショートカットキーはどんなアプリを使っている場面でも「⌘+TAB」を押すと、

Command tab

起動しているアプリの一覧が最前面に表示されて、⌘を押しながら TAB を押すことによって前面のアプリを切り替えられる便利なショートカットキー。

これはいつも使っているショートカットキーなのですが、⌘+TAB を押して、アプリ一覧を表示させていつも通り切り替えたいアプリを選択した状態で。。矢印キー(上または下)を押すと、そのアプリのウインドウ一覧が表示されます。

Command tab 02

あら素敵。

この画面になったら⌘キーとか離しちゃっても大丈夫です。あとは目的のウインドウを矢印キー(上下左右)もしくはトラックパッドで選択すれば、選択したウインドウが前面になって、アプリが切り替わります。

今までは、

1. ⌘+TAB で目的のアプリに切り替える。
2. 目的のアプリに切り替えた上で、目的のウインドウに切り替える。

という2ステップを経てましたが、矢印キーを押せばより簡単に目的のアプリ(ウインドウ)に切り替える事ができます。

いつからこんな事が出来るようになったんだろう?以前から当たり前??私は今頃知りました、というか偶然気づきました。

めっちゃ便利なので一度お試しあれ。

でわでわ。







この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.