1. HOME
  2. PC
  3. Linux
  4. SSH の config ファイルの場所と作成方法
2014年08月07日
大量のファイルを短時間で確実にサーバーへアップロードする方法 ...
2015年06月06日
エックスサーバーにインストールした vim が文字化けする場合 ...
2015年08月13日
git で簡単バックアップしてみる
2016年07月14日
curl で WEB レスポンスヘッダ と リクエストヘッダの ...
2014年04月18日
SSH の config ファイルの場所と作成方法
2014年08月04日
SSH 接続してエックスサーバーのディスク使用量を確認する ...

SSH の config ファイルの場所と作成方法

config ファイルを作成しておけば SSH 接続が簡単サックリ♪

ターミナル.app から SSH する場合は、

ssh ユーザー名@サーバー名

エックスサーバー の場合
ssh ユーザー名@ユーザー名.xsrv.jp -p 10022

みたいな感じで接続していると思います。

毎回タイプするのは面倒なので、config ファイルを作っておいておけば任意で設定した文字列で接続が可能になります。例えば ssh server.jp とか。

config ファイルは一度作ってしまえば今後が楽チンなのでよく SSH 接続する人は config ファイルを作っておくと良いかも。

~/.ssh/config ファイルの作成

ホーム直下の「.ssh」フォルダに「config」ファイルを作成します。(~/.ssh/config)

config ファイルの中身はこんな感じ。

Host xserver.jp
 HostName pamyupamyu.xsrv.jp
 Port 10022
 IdentityFile ~/.ssh/id_rsa
 User pamyupamyu

HostName だとか、Port だとかに記述する内容はこちら。

HOST分かりやすい好きな名前。
HostName接続先のサーバーアドレス。
エックスサーバー の場合は、「ユーザー名.xsrv.jp」 です。
PortPort 番号を指定します。
エックスサーバー の場合は「10022」になります。
IdentityFile秘密鍵のファイルを指定します。
多くの場合、「~/ssh/秘密鍵のファイル名」ではないでしょうか。
Userユーザー名。


SSH への接続

config ファイルを作成したら、

ssh xserver.jp

で、接続ができます。ssh に続く文字列は config の Host に設定した任意の名前です。

ちなみに、複数のホストを設定する場合は config ファイルに、

Host server01
 HostName kyarry.xsrv.jp
 Port 10022
 IdentityFile ~/.ssh/id_rsa.kyarry
 User Kyarry

Host server02
 HostName pamyupamyu.xsrv.jp
 Port 10022
 IdentityFile ~/.ssh/id_rsa.pamyupamyu
 User pamyupamyu

みたいな感じで Host 以下を必要な数だけ書いてあげればおっけー。

でわでわ。







この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.