1. HOME
  2. PC
  3. Linux
  4. 大量のファイルを短時間で確実にサーバーへアップロードする方法
2016年07月28日
Linux の残メモリ容量とスワップ(free と vmsta ...
2015年06月06日
エックスサーバーにインストールした vim が文字化けする場合 ...
2015年05月29日
テキストオブジェクトで vim 幼稚園を卒園した話
2014年08月08日
Chrome で WEB レスポンスヘッダ と リクエストヘッ ...
2016年07月14日
curl で WEB レスポンスヘッダ と リクエストヘッダの ...
2014年08月09日
サクッと SSH 接続するために ~/.ssh/config ...

大量のファイルを短時間で確実にサーバーへアップロードする方法

大量のファイルをサーバーへアップロードする場合、どうやってアップロードしてますか?

細かい大量のファイルをサーバーへアップロードしたい場合、サーバーに SSH 接続が可能であれば、

1. ローカルでアップロードしたいファイルを zip アーカイブにして、
2. アーカイブ化したファイル(1ファイル)をサーバーへアップロードして、
3. サーバー上で解凍(復元)する

という方法が速くて確実です。

細かいファイルを大量にアップロードすると、時間が掛かるのみならず、途中でエラーが出たりすると最悪ですよね。。。

ってことで簡単・確実なアップロード手順です。


手順1. ファイルをアーカイブ化(圧縮)する

アップロードしたいファイルをひとつのフォルダに入れて圧縮します。ひとつのフォルダーに入れてからアーカイブ化しておかないと、サーバー上で解凍した場合、ファイルがまき散らされますので気を付けてください。

アーカイブ化するツール(アプリ)は何でもよさそうですが、私は WinArchiver Lite を使っています。これは普段 Windows ユーザーとアーカイブをやりとりするときもエラーがでませんのでオススメ。

参考:Mac App Store – WinArchiver Lite

手順2. アップロードする

アーカイブ化されたファイルをアップロードします。FTP ツールも特になんでも問題ないと思います。

私は、muCommander を使っています。いまいちマイナーなアプリですがとっても便利ですよ。

関連記事:Mac で FTP するときは muCommander !
関連記事:muCommander を Finder ライクなショートカットで使ってみる
関連記事:Finder が使いにくくて Total Finder とかの購入を検討している人は、まずは muCommander を試してみると良いかも

手順3. サーバー上で 解凍する

サーバーに SSH 接続をしたら、

unzip ファイル名

と入力してリターンキーを押せば、同じ階層に解凍されます。

あとは必要に応じて、解凍されたフォルダ名を変更したり、アップロードした zip アーカイブを削除するなりしてください。

おまけ(リネームと削除)

サーバー上でフォルダ名(またはファイル名)をリネームする場合は、

mv 対象フォルダ名 新しいフォルダ名

と入力してリターン。

フォルダ(またはファイル)を削除する場合は、

rm -rf 削除するフォルダ名

と入力してリターンです。

まとめ

WordPress 本体をサーバーへアップロードする時とかもこの方法がお手軽です。WordPress 公式サイトからダウンロードした zip ファイルをそのままアップロードしてサーバー上で解凍 & リネームすれば短時間で本体ファイルのアップロードが出来ちゃいますよ。

ぜひお試しあれ。

でわでわ。







この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.