1. HOME
  2. 開発・ブログ運営
  3. WordPress
  4. 超簡単!WordPress のカスタムフィールドを作成してみた
2014年09月25日
WordPress で簡単にスマホ対応出来るプラグイン WPt ...
2012年06月07日
プラグイン(Contact Form 7)を使ってメールフォー ...
2012年04月29日
WordPress の機能を拡張したい場合、functions ...
2012年07月26日
WordPress のテンプレートファイルで、カテゴリ情報(カ ...
2012年06月19日
フィルターフックを使って TwitterTools をカスタマ ...
2012年02月11日
WordPress3 でブログを立ち上げてみた

超簡単!WordPress のカスタムフィールドを作成してみた

今まで面倒くさそうなので使わず嫌いだった WordPress のカスタムフィールドを初めて使ったら、めっちゃ簡単でびっくりです。

この前、ひょんなことから気付いたんだけど、このブログにはキーワードタグが入っていなかったんですね。。

こういうの。

今は、キーワードタグがあってもそれほど SEO 的には意味が無いらしいのですが、でもないのはなんかヤダ。

ってことで、WordPress のカスタムフィールドを使ってキーワードタグを入れてみたので手順メモ。


記事にカスタムフィールドを設定してみる

何はともあれカスタムフィールドを作成する必要があります。

というか、WordPress のカスタムフィールドって、カスタム投稿タイプとかみたいに、作成したいカスタムフィールド用のタグを functions.php にコードを追加して・・とかだと思ってましたが、全然違いました。

単に、記事編集ページで「追加」をしていくだけです。

だから、A の記事には「Aカスタム」というカスタムフィールドが追加されているけど、B の記事には「Aカスタム」というカスタムフィールドは存在しない、とか、そんなことが出来ます。

なので、カスタムフィールドを functions.php とかに作成して、それぞれの記事でその値を入力していく、ということではなくて、記事単位で任意にカスタムフィールドを「追加」していく、というイメージです。

っで、実際の追加方法。

WordPress 管理画面の記事編集ページの「カスタムフィールド」欄に、作成したいカスタムフィールド名を選択して「カスタムフィールドを追加」をクリックするだけです。

投稿の編集  MacBook Air とWordPressでこうなった  WordPress 2

新しくカスタムフィールドを作る場合は「新規追加」をクリックすると「–選択–」の部分が入力出来るようになるので、作成するカスタムフィールド名を入力して「カスタムフィールドを追加」をクリックすればおっけー

投稿の編集  MacBook Air とWordPressでこうなった  WordPress 4

ここでは「keywords」というカスタムフィールドを作成して「Alfred, Mac, Finder, ファインダー, ラベル, 簡単」という値を追加しました。

カスタムフィールドの値は header.php とか single.php とかで取得して使う事になりますが、値を取り出すときのキーになるのがここで設定する「名前」なので、日本語ではなくて半角英数字で名前はつけておいた方が良いと思います。

「名前」と「値」を入力後に「カスタムフィールドを追加」をクリックするとカスタムフィールドが作成されます。

投稿の編集  MacBook Air とWordPressでこうなった  WordPress 5

カスタムフィールドが作成されると上段に表示されます。作成後にも編集をしたり削除したりできます。

もちろん複数のカスタムフィールドを追加することも可能です。


まとめ

記事中にも書きましたが、WordPress のカスタムフィールドは「作成する」というより「追加する」というイメージです。

functions.php とかをごにょごにょするのは面倒くさいなぁ、と思って使わずぎらいな人(私です。。)は、めっちゃ簡単に「追加」できますので、一度お試しあれ。

でわでわ。








この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.