1. HOME
  2. PC
  3. Mac
  4. MacBook Pro Retina 15インチ(Mid 2014)購入の経緯
2012年07月19日
急げ!Alfred の Powerpack ライセンスキーのプ ...
2012年06月13日
Alfred でサクッと計算(+、-、×、÷、sin、cos、 ...
2012年02月13日
Mac で FTP するときは muCommander ! ...
2013年04月13日
Skitch で 簡単にスポットライトのような効果を出す方法 ...
2013年04月02日
MacBook Air で RAW 現像は快適に行えるか?4G ...
2013年04月18日
Skitch で WEB ページ全体のスクリーンショットを取る ...

MacBook Pro Retina 15インチ(Mid 2014)購入の経緯

別にどうでも良い話ではありますが、今回の選択が吉とでるか凶とでるかはわかりません。いずれにしても次回の機種選びの参考に出来るように、今回の機種選びの経緯を残しておこうかな、と。

先日 MacBook Pro Retina 15 インチを購入しました。

もともと MacBook Air 13インチを買うつもりでしたが、価格とスペックを見ながら、Apple のホームページを見ていたら、MacBook Air → MacBook Pro 13インチとエスカレートして、あげく MacBook Pro 15インチを買ってしまいました。

MacBook Air 13インチの購入を検討していて、MacBook Pro 13インチの購入にいたるケースはありがちですが、結果的に 15インチの MacBook Pro を買っちゃうのは珍しいケースかもしれませんね。

一体、どんな思考で MacBook Air 13インチから MacBook Pro 15インチになっちゃったのか、私自身が次回の機種選び時の参考(戒め)に出来るように、今回の経緯を残しておきます。


必要なスペック

今回に関わらず、Mac を購入する際には、

1. CPU クロックは(よっぽどじゃなければ)気にしない
2. メモリーは積めるだけ積む
3. キーボードは US 配列

というのが基本方針。

っで、今回はそれに加えて SSD は 512GB にしてみようと。

当初目的の MacBook Air 13インチを見てみた

おもむろに Apple のサイトを開いて、MacBook Air 13インチのカスタマイズページへ。何も考えずにメモリーを 8GB にして SSD を 512GB に変更すると、160,000円(税別)。

あら、結構なお値段。やっぱり SSD が高い。

だけどこのときは、メモリー 8GB だもんねー、とか SSD 512GB もあれば当分容量を気にする必要もないなぁとか、USB3.0 うれぴー、とか世間では当たり前のスペックではありますが、近々手元にやってくるだろう MacBook Air に思いを馳せていました。(結局この MacBook Air は手元にこないんだけど)


MacBook Pro Retina 13インチを見てみた

でも待てよ。

160,000円(税別)出すんだったら実は MacBook Pro 13インチの方が安く買えるとか・・。ありうるかも。

# ちなみにアメリカの田舎のスーパーではキットカット30個入りを買うより、単品のキットカットを30個買った方が安かったりします。個人的にはこんなズボラなアメリカ人が大好きなんです。はい。

ってことで MacBook Pro のページへ。

とりあえず一番安いモデルを選んでみたけど SSD が 128GB から変更出来ない。じゃあってことで中間のモデルを選び直すも、こちらも 256GB の SSD が変更出来ない。

しょうがないので一番高いモデル(デフォルトで 512GB)を選ぶ。この時点で 175,800円(税別)

うーん。微妙。

さらに、MacBook Pro 13インチはメモリーを 16GB まで増設出来るので、16GB へ変更すると、195,400円(税別)。

うーん。随分とお高い。

でもせっかく買い替えるんだしーとか、今の MacBook Air だって 3年使ったんだから、今度買い替えても 3年は使うよねーとか、今後3年間の間に動画編集したいとかなっちゃったらどうしよー、とか色々考えてたら、MacBook Pro 13インチもありかな、と。

ここで「だけど20万円は高いなぁ」とブレーキが掛かれば良かったものの、だったら 15インチで良くないか?と、ブレーキどころか逆に振れた(笑)。なぜそんな思考になったのかは自分でも分からない(笑)。


MacBook Pro Retina 15インチを見てみた

おもむろに MacBook Pro Retina 15 インチのページを見てみた。とりあえず下位モデルから。(スペックからすれば下位モデルってのも違和感ありますが)

メモリーはデフォルトで 16GB なので SSD だけ 512GB に変更すると、224,200円(税別)

あら、思ったよりも高くない。ってこの時点で思考停止ですね。

だけど、15インチだとでかくて可愛くないなぁとか、スピーカーいらねー、とか考える事 3分。結果、クアッドコア!と 16GB ! が決め手で、15インチをポチってしまいました。

一応、上位モデルも見ましたけどいくらなんでも私の用途ではオーバースペックですね。下位モデルでも十分オーバースペックですが・・。


まとめ

基本、ベンチマークスコアとか CPU クロックだとかは気にしないのですが「デュアルコア」と「クアッドコア」の違いには反応してしまいました。

Photoshop とか Lightroom 使う分にはクアッドコアの方が良いんだろうなぁ、と。

今にして思えば、Lightroom は 現在の MacBook Air Mid 2011 モデルでなんら問題なく使えているので、あんまり意味がなかったかもしれません。

でも Photoshop ではきっと「大きな違い」がある(はず)。

ってことで、Mac を買い替える事自体ほぼ衝動買いに近かったけど、最終的なモデルまで予想しなかった機種にたどり着きましたとさ。

でわでわ。








「MacBook Pro Retina 15インチ(Mid 2014)購入の経緯」に頂いたコメント & トラックバック

  1. […] 、MacBook Air → MacBook Pro 13インチとエスカレートして、あげく MacBook Pro 15インチを買ってしまいました。 via MacBook Pro Retina 15インチ(Mid 2014)購入の経緯 | MacBook Air とWordPressでこうなった […]

この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.