1. HOME
  2. モバイル
  3. iOS
  4. Mac OS X 10.10 Yosemite で期待している機能
2014年09月12日
iPhone 6 が発表されて新ためてiPod touch の ...
2014年09月10日
気になる iPhone 6 のカメラがどうなったのか見てみた ...
2013年12月06日
楽天でんわのデメリット。割高になっちゃう場合も・・。
2016年07月23日
ポケモン GO をリセットして最初からやり直す方法
2012年10月02日
新型(第5世代) iPod touch の発売日は Siri ...
2012年10月29日
やっと新型(第5世代)iPod touch が届きました!ファ ...

Mac OS X 10.10 Yosemite で期待している機能

今月は EOS 7D 新型機の発表や Mac OS X(Yosemite)の発表やら、とにかく楽しみな発表が続きます。

今回は Mac OS X(Yosemite)について楽しみにしていることをつらつらと。

いよいよ今週9日(日本時間10日)に発表が予定されている次期 Mac OS X 10.10(Yosemite)ですが、これまでのバージョンアップ以上に魅力的な機能が実装されるようです。

その中で個人的に楽しみにしている機能とかをつらつらと書いてみました。


フラットデザイン!

Osx design hero

別に今のデザインが嫌な訳じゃないんです。格好わるいどころかむしろ格好良いとも思うし。

だけどあきちゃうんですよね。

初めて使ったときは「すげー」とか「格好良い!」とか思っていても使い続ければそれが当たり前になり・・。

そういう意味ではフラットデザインもそのうち慣れちゃうんだと思いますが、新しいデザインに変わると良い気分転換にはなる。

って、私が飽き性なだけだったりしますが・・。


AirDrop で Mac と iOS 間の通信が可能になる!

Mac and ios mac ios

Mac OS X では AirDrop というマシン間でデータをやり取りする機能がありますが、今までは Mac 同士 又は iOS 同士でしかデータのやり取りが出来ませんでしたが、Yosemite では、Mac と iOS 間での通信が可能になるとのこと。

これまで、Mac と iOS 間のデータをやり取りする場合にはサードパーティー製のアプリを利用していましたが、頻繁に接続が切れちゃったりと結構不安定だったりします。

AirDrop が Mac と iOS 間のデータのやり取りが可能になれば、より簡単にスムーズにやり取りが出来るようになるかも。

参考:iOS:AirDrop を使ってワイヤレスでコンテンツを共有する


Mac と iOS 間の作業がよりシームレスに!

Mac and ios handoff mac ios

Handoff(ハンドオフ)という機能が実装されるようです。例えば、Mac でメールを書いている途中で、iOS を開くとそのまま Mac で書きかけのメールを編集することができる(もちろん送信も)、とかそんなことが出来るみたいです。

これだけなら「ふーん」な話なんですが、どうやら Mac と iOS 間でのやり取りは一切気にしなくても、バックグラウンドで勝手に同期されるようです。

ようは、Dropbox みたいに同期を意識しなくても勝手に違うデバイスにもファイルが出来てる、みたいな感じで、Dropbox はあくまでファイル同期でしたが Yosemite では「作業」を Dropbox ライクに同期されて使える、というようなことみたいです。

なんかすっごく便利そうなんですけど、これ。

だけど「作業」を同期出来るアプリは一部のアプリだけで・・ってことなんでしょうね。当たり前か。


Spotlight 強化で Alfred はもういらない??

Osx design spotlight your files

そんなことはないと思います。Spotlight はあくまで検索機能+α。Alfred はもはや、ランチャーだとか各種検索だとかのアプリではありません。

Alfred を使い続けている理由は、File Navigation や Clipbord 履歴、iTunes のコントロールに 1Password との連携などなど盛りだくさん。

Alfred が単なるランチャーや検索アプリとしてだったら魅力は 1/10 以下じゃないでしょうか。

得てして、色々なことが出来ちゃうアプリって結局なんにも出来なかった、ということが多いのですが、Alfred の場合は、インクリメント検索をベースにした操作性がほとんどの機能で一貫して共通していて、とっても心地よいです。

Alfred 2 から実装された Workflow ももはや無くてはならない存在です。ブログを書くときも <a> タグの自動生成や短縮 URL の取得などいつも Wordflow のお世話になってます。

関連記事:超簡単に短縮 URL を取得できる Alfred 2 の workflow「Shortan URL」が便利すぎる
関連記事: タグを一発で自動生成できる Alfred 2 の Workflow をつくってみた

ってことで、Spotlight が強化されても Alfred は手放せない存在だと思います。

でも Yosemite の Spotlight は検索結果的なものが表示されたりするみたいなんで、Alfred と Spotlight の共存っていうのが現実的かもしれないですね。

どちらにこだわることなく良い所取りが一番ハッピーだと思います。


その他

iCloud Drive とか Mac で iPhone の電話に出れる(iPhone もっとないけど)とか、その他にもたくさんの魅力的な機能が実装されるようです。

Microsoft が発表した Surface Pro 3 は、ハード自身が PC とモバイルの融合を果たしましたが、Apple の場合はあくまで PC は PC、モバイルはモバイルとしてハードは別で、スクリーンの中にあるデジタルな世界が PC とモバイルで融合されている・・みたいな違いは面白いですね。

でわでわ。








この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.