1. HOME
  2. PC
  3. Linux
  4. エックスサーバーに Git をインストールしてみた
2015年06月04日
エックスサーバーに Git をインストールしてみた
2015年08月13日
git で簡単バックアップしてみる
2015年06月05日
エックスサーバーに vim をインストールしてみた
2014年08月08日
Chrome で WEB レスポンスヘッダ と リクエストヘッ ...
2016年07月20日
画像ファイル(JPEG、PNG、BMP、GIF、PNM、TIF ...
2016年07月28日
Linux の残メモリ容量とスワップ(free と vmsta ...

エックスサーバーに Git をインストールしてみた

エックスサーバーに SSH 接続できるようになって出来ることが随分増えました。ってことで今回は Git のインストール方法です。

エックスサーバーに git をインストールしてみたので覚書。

というか、こちらの説明通りにやっただけです。すんなり出来ました。めちゃ分かりやすい。

参考: Xserver で git を使う | してみんとてす


GNU gettex のインストール

まずは GNU gettex というのが必要とのことなのでインストールします。インストール場所は、参考ページにならって、$HOME/opt へ。

参考:gettext – Wikipedia

以下はすべて、SSH でエックスサーバーに接続して作業します。

関連記事:10分でできる!Mac からエックスサーバーに SSH 接続するための設定
関連記事:SSH の config ファイルの場所と作成方法

まずは、gettex を DL して解凍。

$ wget http://ftp.gnu.org/pub/gnu/gettex-0.18.2.tar.gz $ tar zxvf gettex-0.18.2.tar.gz

解凍したら、コンパイルしてインストールします。

$ cd gettex-0.18.2 $ ./configure –prefix=$HOME/opt $ make install

インストールが無事に終わったら、$HOME/opt/bin にパスを通します。~/.bash_profile に追加します。

export PATH=$PATH/opt/bin:$PATH

これで gettex のインストールは完了。

Git のインストール

gettix と同様にまずは Git をダウンロードして解凍。

$ wget https://github.com/git/git/archive/master.zip $ unzip master.zip

解凍したら、コンパイルしてインストールする。

$ cd git-master $ make configure $ ./configure –prefix=$HOME/opt $ make all $ make install

これで Git のインストールは完了です。特にパスを通したりする必要はないみたい。

試しに、

$ git –version

でバージョンが表示されれば OK。

git version 2.0.4.GIT

git clone のトラブル

Git のインストールが完了し、早速目的のリポジトリからクローンしたら、何やらエラーが出た。こんなの。

fatal: Unable to find remote helper for ‘https

どうやら Git をコンパイルした時に、curl ライブラリがリンクできていないことが原因のようです。

とりあえず、クローンするアドレスの先頭を「https://github.com/・・・」から「git://gist.github.com/・・・」に変更したら無事クローンできたので、このままお茶を濁しておきます。

git clone git://gist.github.com/hoge/foo.git

でわでわ。







この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.