1. HOME
  2. PC
  3. Linux
  4. エックスサーバーに vim をインストールしてみた
2014年04月18日
SSH の config ファイルの場所と作成方法
2015年06月05日
エックスサーバーに vim をインストールしてみた
2014年08月07日
大量のファイルを短時間で確実にサーバーへアップロードする方法 ...
2014年08月04日
SSH 接続してエックスサーバーのディスク使用量を確認する ...
2014年04月17日
SSH の文字化け対策
2015年05月29日
テキストオブジェクトで vim 幼稚園を卒園した話

エックスサーバーに vim をインストールしてみた

エックスサーバーに SSH 接続できるようになって出来ることが随分増えました。ってことで今回は vim のインストール方法です。

エックスサーバーでは root 権限ない(もらえない)ので、ソースをコンパイルしてインストールしなければいけません。

以下はすべて、SSH でエックスサーバーに接続して作業します。

関連記事:10分でできる!Mac からエックスサーバーに SSH 接続するための設定
関連記事:SSH の config ファイルの場所と作成方法


vim のインストール

ってことで早速 vim のソースをダウンロードします。 tmp ディレクトリを作ってその中に DL & 解凍してみます。

ftp://ftp.vim.org/pub/vim/unix/で最新版を確認します。2015年6月時点では 7.4 が最新版っぽい。ってことで vim7.4.tar.bz2 をダウンロード。

※ 3行目は最新版に合わせて変更してください。

$ mkdir ~/tmp $ cd ~/tmp $ wget ftp://ftp.vim.org/pub/vim/unix/vim7.4.tar.bz2 $ tar jxvf ./vim7.4.tar.bz2

解凍したらパッチファイルをダウンロードしますが、パッチファイルは ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/で最新のパッチを確認できます。

今回は vim 最新版(v7.4)のパッチファイルが必要なので ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/ から一番下の方にある「7.4」をクリックして、「7.4.001」から 何番目まであるか確認します。

一番下までスクロールすると2014年5月14日時点で「7.4.729」までありますので、「7.4.001」から「7.4.729」まで全てダウンロードします。

パッチファイルの数に応じて、以下3行目を修正してください。

$ cd ./vim74 $ mkdir patches $ cd ./patches $ curl -0 ‘ftp://ftp.vim.org/pub/vim/patches/7.4/7.4.[001-729]’

パッチを当てます。

$ cd ../ $ cat patches/7.4.* | patch -p0

パッチを当てたらコンパイル

$ cd ./src $ ./configure –enable-multibyte –enable-xim –enable-fontset –with-features=big –prefix=$HOME

ここでエラーが出ました。

no terminal library found checking for tgetent()… configure: error: NOT FOUND!    You need to install a terminal library; for example ncurses.    Or specify the name of the library with –with-tlib.

ターミナルライブラリが無いよ、とのこと。ターミナルライブラリとはなんぞや?な訳ですが、よく見ると for example ncurses って書いてあるので ncurses をインストールしてみる。


ターミナルライブラリ(ncurses)のインストール

v5.9 が最新版みたいなのでダウンロードして解凍する。

ちなみに ncurses っていうのは「端末に依存しない形式でテキストユーザインタフェース(TUI)を作成するためのAPIを提供するライブラリ」とのこと。よくわからん。
参考:curses – Wikipedia

気にせずダウンロード続行。

$ cd ~/tmp $ wget http://ftp.gnu.org/pub/gnu/ncurses/ncurses-5.9.tar.gz $ tar zxfv ncurses-5.9.tar.gz

解凍したらコンパイルしてインストール。

$ cd ./ncurses-5.9 $ configure –prefix=$HOME $ make $ make install

vim の再インストール

無事に ncurses のインストールも完了したので、vim のインストールをやり直します。と言っても、どう vim のインストールを再開すればよいのかわからないので、ダウンロードした vim ソースコードを解凍するところからやり直しました。

なので、さっきまでインストールしようとしていた vim を削除して、

cd ~/tmp $ rm -rf vim74

vim ソースをもう一回、解凍して、

$ tar jxvf ./vim7.4.tar.bz2

パッチ当てたら、

$ cat patches/7.4.* | patch -p0

コンパイル。(–with-local-dir=$HOME を付けないとまたターミナルライブラリがありません、とエラーが出ます)

参考:エックスサーバー vimインストール: Cyber Episodic Memory

$ cd ./src $ ./configure –enable-multibyte –enable-xim –enable-fontset –with-features=big –prefix=$HOME –with-local-dir=$HOME

今回は、無事にエラーがでずに終了しました。えらいぞ ncurses!なにか良くわかってないけど。

っで、インストールしてみる。

$ cd ~/tmp/vim74/src $ ./configure –enable-multibyte –enable-xim –enable-fontset –with-features=big –prefix=$HOME –with-local-dir=$HOME $ make $ make install

無事にインストールが完了したら vim を起動してみる。

$ vim

Xserver vim

以上で、vim のインストールは完了です。お疲れ様でした♩

でわでわ。








この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.