1. HOME
  2. 開発・ブログ運営
  3. Docker
  4. Let’s Encrypt で HTTPS(SSL/TLS化)してみた
2016年07月09日
MySQL, WordPress, phpMyAdmin コン ...
2016年07月22日
WordPress が稼働する Apache2 コンテナと N ...
2016年07月29日
Docker 公式イメージで立ち上げた Nginx コンテナを ...
2016年07月31日
Docker 公式イメージで立ち上げた PHP-FPM コンテ ...
2016年07月30日
Docker の仕組みを理解する(Docker クライアントと ...
2016年07月04日
Docker で Jenkins するときのあれこれ

Let’s Encrypt で HTTPS(SSL/TLS化)してみた

今年の 4月に正式版になった Let’s Encrypt を試してみました。

このブログ(dev.ontheroad.jp)を HTTPS(SSL/TLS化)してみました。


Let’s Encrypt とは?

HTTPS 対応にするには SSL/TLS サーバー証明書が必要で、それを取得するには概ね数千円から数十万円かかります。大企業ではシマンテック(旧ベリサイン)GMO グローバルサインなど、信頼性が高くブランド力のある認証局(CA)の証明書を利用していることが多いと思いますが、これら認証局では年額10万から20万円くらいの取得費用がかかります。

個人レベルでこんな金額を払えるわけもなく、最近では年額数千円で証明書を発行してくれる rapid SSLcore SSL などの格安 SSL と呼ばれるものが複数出てきています。

今回、私が利用したのは Let’s Encrypt

Let’s Encrypt は完全無料の認証局です。完全無料というとちょっと怪しい感じがしますが、Let’s Encrypt は、ISRG(Internet Security Research Group) が運営していて、シスコシステムズアカマイテクノロジーズ電子フロンティア財団モジラ財団などの大手企業・団体が支援をしているサービスです。

Let’s Encrypt の説明は「Let’s Encrypt 総合ポータル」というサイトがとても詳しくてオススメ。もちろん(?)Let’s Encrypt 総合ポータルも Let’s Encrypt で HTTPS 対応済みです。


なぜ HTTPS 対応したのか?

今回 HTTPS 対応にしてみた理由は単なる思いつきで、特に深い意味はありません。
すいません(なんとなく)。

Let’s Encrypt が今年の 4月に正式版になったことでちょっと気にはなっていたのですが、WordPress ブログを HTTPS 対応することのデメリットや問題点などは特に事前に調べることもなく、思いつきでやってしまいました。

と言うのもこのブログはさくら VPS & Docker で動かしているので、もしも上手くいかなかったら元に戻せば良いや、という環境だったのが、思いつきで HTTPS 対応できた最大の要因です。

正常に動いている(今までの HTTP で動いていた)コンテナとは別に、HTTPS 対応のコンテナを作って動作確認してからそれに差し替える。うまくいけばそれで OK だし、うまくいかなければ元のコンテナに戻せば OK。

こんなに気軽に HTTPS 対応を試せるのも Docker のおかげですね。しかも Let’s Encrypt でサーバー証明書を取得してくれたりするコンテナもたくさん公開されています。

結果的にはとりあえず、アマゾンの広告を掲載しているページは、アマゾンの広告が HTTPS に対応していないようで、HTTPS と HTTP が混在している状態になっており、すべてのページが完全に HTTPS に対応したわけじゃありませんが、とりあえず HTTPS 対応になりました。


まとめ

今回の HTTPS 対応に関わらず、サーバーの大きな変更を伴うようなことでもお気軽に試せることは Docker の大きなメリットです。Web サーバーを 月水金は Apache で 土日は Nginx とか、晴れの日は MySQL で雨の日は MariaDB なんてことも(全く意味がありませんが。。)。コンテナを差し替えるだけ。

ってことで皆さんも Docker で WordPress してみませんか?

でわでわ。








この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.