1. HOME
  2. 開発・ブログ運営
  3. HTML/CSS
  4. curl で WEB レスポンスヘッダ と リクエストヘッダの内容を確認する
2016年07月14日
curl で WEB レスポンスヘッダ と リクエストヘッダの ...
2013年04月20日
ブログ記事執筆には欠かせない Chrome エクステンション「 ...
2014年09月19日
ref=canonical 属性はむやみに付けない方がよいみた ...
2014年09月23日
CSS と Javascript の読み込み順序を変えてみた ...
2012年02月12日
フッターのレイアウトが崩れてちゃんと表示されない(泣) ...
2012年08月24日
Google Chrome 以外では HTML5 の < ...

curl で WEB レスポンスヘッダ と リクエストヘッダの内容を確認する

ターミナル.app で実行できることはターミナル.app を使った方が簡単で速く結果が得られますよ。

以前、Chrome Developer Tools を使って、WEB レスポンスヘッダとリクエストヘッダを確認する方法を記事にしましたが、今回は、コマンドラインで HTTP レスポンスヘッダとリクエストヘッダを確認する方法です。

関連記事:Chrome で WEB レスポンスヘッダ と リクエストヘッダの内容を確認する


HTTP レスポンスヘッダを確認する

ターミナルで以下のコマンドを実行します。[URL] の部分はアクセスする URL。

$ curl –head [URL]

例えばこのブログのトップページへアクセスした際の HTTP レスポンスヘッダを確認する場合は、

$ curl –head https://dev.ontheroad.jp

とタイプして、リターンキーを押下します。そうすると、

HTTP/1.1 200 OK
Server: nginx
Date: Tue, 12 Jul 2016 05:48:46 GMT
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
Connection: keep-alive
Vary: Accept-Encoding
X-Powered-By: PHP/5.6.21
Vary: Accept-Encoding,Cookie
Cache-Control: max-age=3, must-revalidate, max-age=1
WP-Super-Cache: Served supercache file from PHP
Expires: Tue, 12 Jul 2016 05:48:47 GMT
Strict-Transport-Security: max-age=31536000

のような感じでレスポンスヘッダが確認できます。


リクエストヘッダを確認する

例えばこのブログのトップページへアクセスした際の HTTP リクエストヘッダを確認する場合は、

$ curl -v https://dev.ontheroad.jp | head

そうすると、

* Rebuilt URL to: https://dev.ontheroad.jp/
% Total % Received % Xferd Average Speed Time Time Time Current
Dload Upload Total Spent Left Speed
0 0 0 0 0 0 0 0 –:–:– –:–:– –:–:– 0* Trying 160.16.197.72…
* Connected to dev.ontheroad.jp (160.16.197.72) port 443 (#0)
* TLS 1.2 connection using TLS_ECDHE_RSA_WITH_AES_128_GCM_SHA256
* Server certificate: dev.ontheroad.jp
* Server certificate: Let’s Encrypt Authority X3
* Server certificate: DST Root CA X3
> GET / HTTP/1.1
> Host: dev.ontheroad.jp
> User-Agent: curl/7.43.0
> Accept: */*
>
< HTTP/1.1 200 OK
< Server: nginx
< Date: Tue, 12 Jul 2016 05:51:44 GMT
< Content-Type: text/html; charset=UTF-8
< Transfer-Encoding: chunked
< Connection: keep-alive
< Vary: Accept-Encoding
< X-Powered-By: PHP/5.6.21
< Vary: Accept-Encoding,Cookie
< Cache-Control: max-age=3, must-revalidate, max-age=1
< WP-Super-Cache: Served supercache file from PHP
< Expires: Tue, 12 Jul 2016 05:51:45 GMT
< Strict-Transport-Security: max-age=31536000
<
{ [3535 bytes data]

以下省略

のような感じで何やらずらずら表示されます。この中の「>」で始まる行がリクエストヘッダです。

> GET / HTTP/1.1
> Host: dev.ontheroad.jp
> User-Agent: curl/7.43.0
> Accept: */*
>

ちなみに「<」で始まる行はレスポンスヘッダです。

< HTTP/1.1 200 OK
< Server: nginx
< Date: Tue, 12 Jul 2016 05:51:44 GMT
< Content-Type: text/html; charset=UTF-8
< Transfer-Encoding: chunked
< Connection: keep-alive
< Vary: Accept-Encoding
< X-Powered-By: PHP/5.6.21
< Vary: Accept-Encoding,Cookie
< Cache-Control: max-age=3, must-revalidate, max-age=1
< WP-Super-Cache: Served supercache file from PHP
< Expires: Tue, 12 Jul 2016 05:51:45 GMT
< Strict-Transport-Security: max-age=31536000
<

こちらのコマンドを使えば、レスポンスヘッダもリクエストヘッダも一度で確認できますが、それ以外のものも表示されるので、あまり見やすいとは言えませんのでお好みで。


まとめ

コマンドライン(ターミナル.app)はなんとなく難しそうと食わず嫌いな人も多いと思いますが、慣れてしまえばコマンドラインで操作できるものはコマンドラインで操作した方が、何かにつけて快適だったりします。

ってことでどんどんターミナル.app 使いましょう。

でわでわ。








この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.