1. HOME
  2. PC
  3. Mac
  4. Alfred でサクッとシステム関連の操作をしてみる(シャットダウンとか再起動とかディスクのイジェクトとか)
2014年08月02日
MacBook Air(Mid 2011)のファンが全開で回る ...
2013年03月30日
フォトストリームに保存されている画像をスマートフォルダを使って ...
2014年08月27日
MacBook Pro Retina 15インチ(Mid 20 ...
2012年06月30日
これはすごい!Alfred のホットキーを設定したら YouT ...
2013年12月05日
SimpleCap が便利過ぎた!Mac で メニューバーだけ ...
2012年11月12日
自分の Mac の Apple保証(メーカー保証)状況を確認す ...

Alfred でサクッとシステム関連の操作をしてみる(シャットダウンとか再起動とかディスクのイジェクトとか)

超絶便利なランチャアプリ Alfred の使い方を紹介します。Alfred は無料です。ただ、Alfred をより便利に使うには、有料の Powerpack の導入が必須です。

今回は Alfred でシャットダウンしたり再起動したりシステム関連の操作方法について紹介します。

Alfred では、Powerpack を導入することによって、アプリを指定して開くことが簡単にできるようになりますが今回紹介するシステム関連の操作には Powerpack は必要ありませんので無料で利用できます。

Alfred で操作できるシステム関連の操作には、

コマンド内容
trashゴミ箱の中を表示
emptytrashゴミ箱を空にする
logoutログアウト
sleepスリープ
lock画面をロック
restart再起動
shutdown電源OFF
ejectボリュームの取り出し

の8種類があります。

Alfred でシステム関連の操作をする手順

手順というほどのことはありません。ホットキーで Alfred を呼び出して操作したいシステム操作用のコマンドを入力するだけです。(もちろん、インクリメント検索できますので、全文字入力する必要ありません。)

例えば、ホットキーで Alfred を呼び出して、「r」「e」「s」とタイプしてリターンで再起動。


また、Alfred を呼び出して、「e」「j」とタイプするとマウントされているメディアやボリュームが表示されますので選択すればアンマウントされます。


システム関連コマンドでは、ゴミ箱の中身を見る、ゴミ箱を空にする、イジェクトなどは便利です。

でわでわ。

( v1.2 – 1.9387MB )
カテゴリ:仕事効率化
リリース:2010-12-30
販売元:Running with Crayons Ltd
価格:無料


※ App Store からダウンロードしたAlfred には、Powerpack がインストールできません(App Store ではアプリ内課金 NG )ので、Powerpack を導入する場合は、Alfred の公式サイトからダウンロード & インストールしてください。

※ すでに、App Store からインストールした人は一旦アンインストールした後、Alfred の公式サイトからダウンロード & インストールすれば Powerpack をインストールできます。






この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.