1. HOME
  2. PC
  3. Mac
  4. Alfred でサクっとアプリのアンインストールをしてみる(App Cleaner との連携)
2014年08月29日
MacBook Pro Retina 15インチ(Mid 20 ...
2014年04月14日
Mac と Lightroom モバイルとの同期設定
2012年11月07日
自分の Mac の技術仕様(スペック)を確実に確認する方法 ...
2013年04月02日
MacBook Air で RAW 現像は快適に行えるか?4G ...
2014年08月31日
MacBook Pro Retina 15インチ(mid 20 ...
2012年07月19日
急げ!Alfred の Powerpack ライセンスキーのプ ...

Alfred でサクっとアプリのアンインストールをしてみる(App Cleaner との連携)

超絶便利なランチャアプリ Alfred の使い方を紹介します。Alfred の本体は無料ですが、Alfred をより便利に使うには、有料の Powerpack の導入が必須です。

今回は、Alfred を使って簡単にアプリをアンインストールする方法を紹介します。アンインストール自体は Mac のアンインストールアプリの定番である、App Cleaner を使いますので、App Cleaner をインストールしていない人は App Cleaner をインストールしておいてください。無料で利用できます。

また、Powerpack の導入によって使えるようになる File Navigation を使いますので、Powerpack 必須です。

Alfred でアプリをアンインストールする手順

手順としては、前回の「Alfred でサクッとフォルダやファイルを指定したアプリケーションで開く」と全く同じです。

1. ホットキーで、Alfred を呼び出す。



デフォルトでは、「⌘Command +スペース」で呼び出せます。ホットキーは自由に設定ができます。私は、「⌘Command +スペース」は IME の切り替えに使っていますので、「⌘Command + Shift + スペース」をホットキーに設定しています。

関連エントリ:Mac のキーボードショートカットで使う特殊キーは「⌘Command」と「⌘Command + Shift」しか使わない。だって 「Option」 とか押しにくいんだもの。

2. アンインストールしたいアプリを検索する。



ホットキーで呼び出した Alfred の検索窓にアンインストールしたいアプリ名を入力します。文字を入力するたびにインクリメント検索されますので、全て入力する必要はまずありません。日本語も使えます。

例えば、MAMP をアンインストールする場合は、ma と入力するだけで検索結果に出てきます。

3. 目的のアプリが出てきたら、TAB を押す。

(デフォルトでは TAB じゃなくて右矢印「→」。キー設定を変更しているので、今後 TAB で説明します。)



TAB キーで、Fila Navigation の Action モードに切り替えます。

Alfred に Powerpack を導入するといくつかの機能が追加されますが、その中でも最も強力な機能のひとつが File Navigation。

File Navigation に切り替わると、

  1. Open With…
  2. Open
  3. Reveal in Finder
  4. Search in Finder
  5. Email to…
  6. Email
  7. Copy to…
  8. Move to…
  9. Delete
  10. Open Terminal Hear
  11. Copy path to Clipboard

のようなメニューがでますので「Open with..」を選択。



すると画面が切り替わりますので、アプリなどを検索する時と同じように App Cleaner を検索して開きます。(もちろんインクリメント検索なので数文字入力すればOK)



そうすると、App CleanerアンインストールしたいアプリをApp Cleaner にドロップした状態で、App Cleaner が開きます。



あとは、削除されるファイルを確認してアンインストール。

以上です。

ようは、アンインストールしたいアプリを「Open with…」でApp Cleaner を指定することによって、App Cleaner にドロップされたことになります。

Mac では、特定のアプリにファイルをドロップすることによって起動したい場面がままありますが、「アプリを指定して開く」は「アプリにドロップして開く」と同じように使えます。

ってことで、アプリにファイルをドロップして開きたいときは、TAB キーで File Navigation に切り換えて「Open with…」するだけでOK。

でわでわ。

( v1.2 – 1.9387MB )
カテゴリ:仕事効率化
リリース:2010-12-30
販売元:Running with Crayons Ltd
価格:無料


※ App Store からダウンロードしたAlfred には、Powerpack がインストールできません(App Store ではアプリ内課金 NG )ので、Powerpack を導入する場合は、Alfred の公式サイトからダウンロード & インストールしてください。

※ すでに、App Store からインストールした人は一旦アンインストールした後、Alfred の公式サイトからダウンロード & インストールすれば Powerpack をインストールできます。






この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.