1. HOME
  2. PC
  3. Mac
  4. これはすごい!Alfred のホットキーを設定したら Google 検索 がめっちゃ快適になった
2012年04月20日
フリーの ClamXav をインストールすれば Flashba ...
2015年05月29日
テキストオブジェクトで vim 幼稚園を卒園した話
2012年06月13日
MacBook Air は 4GB メモリでどこまで使えるか? ...
2012年06月16日
新型?旧型?お悩みの人へ送る 歴代 MacBook Air の ...
2012年04月14日
Better Touch Tool をインストールしたらウイン ...
2014年01月06日
Mac の SD カードリーダーの転送速度を確認する方法(US ...

これはすごい!Alfred のホットキーを設定したら Google 検索 がめっちゃ快適になった

超絶便利なランチャアプリ Alfred の使い方を紹介します。Alfred ではグローバルホットキーの設定ができますが、この機能、今までちょっと甘く見ておりました。びっくりするくらい便利です。

みなさん、Alfred してますか?(AKBたかみな風)

Alfred の Powerpack(有料)を導入することによって使えるようになるグローバルホットキーを設定すると WEB サーチが一瞬で行えます。

今までグローバルホットキー機能は、ホットキーでアプリを起動できるだけでしょ?くらいに思っておりましたが全然違いました。

いつでもどんなアプリからでも、検索したい語句を選択して、(任意に設定した)ホットキーを押すだけでブラウザが起動して検索結果が表示されます。

グローバルホットキー で Google Web 検索してみる

実際にやってみます。まずは、グローバルホットキーの設定。

  1. Alfred をホットキーで呼び出して、右上のアイコンをクリックして管理画面を開きます。



  2. 管理画面の「Hotkeys」をクリック



  3. 左下の「+」をクリックして、「Selected Text」>「Web Search」を選択します。



  4. 左側に(1)「Web Search」が追加されますので、(2)ホットキーを入力し、(3)「Web Search:」から「Search Google for ‘…’」を選択します。(キャプチャーは設定後の画面)

    私はホットキーに「⌘Command + Shift + G」を設定してあります。



これで準備完了です。使い方は、例えば PDF ファイルを見ていて Google で調べたいことが出てきたら調べたいワードを選択。



あとは設定したグローバルホットキー(ここでは、Command + Shift + G)を押すだけで、ブラウザが起動して Google の検索結果が表示されます。



今回は、Google の Web 検索を例に説明しましたが、グローバルホットキーの設定時に、Google Map とか Wikipedia とか Twitter とかを選べば、それらが検索できます。

今までは、検索したい語句が出てきたら、選択してコピー、ブラウザの検索バーに貼付けて検索、という数ステップを経ていましたが、Alfred のグローバルホットキーを設定すれば、テキスト選択してホットキーを押すだけで検索できちゃいます。

しかも、テキスト選択できればどんなアプリからも検索可能。初めてこれに気づいた時はちょっと感動してしまいました。

皆さんもグローバルホットキーでじゃんじゃん検索してください。

でわでわ。






この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.