1. HOME
  2. 開発・ブログ運営
  3. データベース
  4. MAMP でインストールした phpMyAdmin のアップロードファイルサイズを変更してみた
2012年04月15日
Ubuntu11.10 にApacheとPHPとMySQLをイ ...
2012年08月05日
MAMP でインストールした phpMyAdmin のアップロ ...
2012年07月09日
MAMP でインストールした MySQL にターミナルでログイ ...
2012年07月10日
WordPress 用の MySQL ユーザーの権限レベル ...
2016年05月26日
エックスサーバーから さくらVPS + Docker に引っ越 ...
2012年08月09日
PHP で PDO を使ってデータベース(MySQL)に接続し ...

MAMP でインストールした phpMyAdmin のアップロードファイルサイズを変更してみた

MAMP でインストールした MySQL に phpMyAdmin で SQL をインポートしようとして、SQL ファイルをアップロードしたらエラーが出たので、アップロードファイルサイズを変更したら、無事解決したという話。

本番環境の MySQL データをエクスポートして、ローカル環境(MAMPで構築)にインポートしようとしたら、「アップロードファイルサイズが大きすぎる」とエラーが出た。

早速ググってみたら、php.ini にある、

の、それぞれの値を

になるようにすれば良いみたい。(memory_limit の値が一番大きくて、upload_max_filesize の値が一番小さい)

参考:小粋空間: phpMyAdmin のアップロードファイルサイズを変更する

ってことで、php.ini がある場所を探してみる。

Alfred で、php.ini を検索したら php.ini が沢山出てきて、PHP のバージョン違い毎にそれぞれのフォルダに php.ini があるのはわかるのだけど、同じバージョンの php.ini が複数あったりする。

例えば、PHP 5.4.3 の場合、

の2つでてきた。さらに、そもそも MAMP で使っている PHP のバージョンも判らないし・・。

結論から言えば、phpinfo で PHP のバージョンも、php.ini ファイルの場所も確認できました。

phpinfo とは、PHP に関する情報を出力してくれる関数で、

と書けば、PHP の設定内容(php.ini の設定内容)などがずらずらと出力される。

MAMP では、スタートページの左上に phpinfo へのリンクがあるので、それをクリックすれば phpinfo の出力内容が確認できる。便利。



早速、スタートページから phpinfo をクリックすると、一番始めに PHP のバージョンが、「Configuration File (php.ini) Path」っていうところに、php.ini の場所が出てくる。



ってことで、

の、php.ini の

の値をそれぞれ、32M から 128M に変更して保存。(全て同じ値でもおっけー)

あとは、Apache を再起動したら無事アップロードできました♪

小粋空間さんの「phpMyAdmin のアップロードファイルサイズを変更する」的確過ぎ。Thanx!!

でわでわ。








この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.