1. HOME
  2. 開発・ブログ運営
  3. WordPress
  4. WordPess と PHP 5.3.13 で Allowed memory size of ・・ エラーの対処法
2012年06月08日
WordPress の the_date() で同日の記事の日 ...
2012年06月04日
WordPress でカテゴリ一覧を取得する場合は get_t ...
2012年10月02日
「WordPress コミュニティサミット参加者への旅費支援の ...
2013年12月11日
WordPress にアマゾンのアフィリリンクを簡単に作成出来 ...
2013年12月09日
プラグインを使わずに WordPress でパンくずリストを設 ...
2012年08月13日
$wpdb が NULL なんだけど・・・っていう場合は、wp ...

WordPess と PHP 5.3.13 で Allowed memory size of ・・ エラーの対処法

ローカルの MAMP で動いている WordPress の管理画面が真っ白になってしまいました・・・。

MacBook Air のローカル環境に MAMP をインストールして PHP ファイルなどをあれこれいじくっている訳ですが、PHP バージョンを 5.3.13 に変更したら、WordPress の管理画面が真っ白になってしまいました。

WordPress のデバッグ情報によると、

Fatal error: Allowed memory size of 33554432 bytes exhausted (tried to allocate 524288 bytes) in /Users/hideaki/DocumentRoot/dadamore/wp-includes/pomo/mo.php on line 219

だそうな。



ようは、50MBくらいメモリに割り当てようとしたけど、割り当てられるメモリの上限が 32MB しかありませんよ、ということみたいなので上限のメモリサイズを 128MB にしたら無事管理画面が表示されました。

上限のメモリサイズを変更する

php.ini の memory_limit が、

memory_limit = 32M;

となっているところを、

memory_limit = 128M;

に変更するだけです。php.ini の場所は、

/Applications/MAMP/bin/php/php.5.3.13/conf/php.ini

です。ちなみに 128MB にしたのは、MAMP の PHP5.4.3 のデフォルト値が 128MB だったので。

WordPress のデバッグ情報を表示する

そもそも、WordPress のデバッグ情報を表示しなければ、画面は真っ白な訳で、どんなエラーが出ているかも判りません。

ってことで、WordPress のデバッグ情報を表示するためには、WordPress をインストールしたディレクトリにある、/wp-config.php の中にある、

define(‘WP_DEBUG’, false);

を、

define(‘WP_DEBUG’, TRUE);

に変更するだけです。

もし、WordPress の管理画面やブログ自体が真っ白で表示されなくなっちゃった場合は、あせらずに、まずは WordPress のデバッグ情報を表示して、運良く(?)「Allowed memory size of xxxx bytes ・・」のエラーだったら、memory_limit を変更すればちゃんと表示されるようになります。

また、memory_limit の値は、php.ini にある、post_max_size と upload_max_filesize にも関係してきますので memory_limit の値を変更する場合は注意が必要です。

関連記事:MAMP でインストールした phpMyAdmin のアップロードファイルサイズを変更してみた
でわでわ。







この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.