1. HOME
  2. 開発・ブログ運営
  3. WordPress でちょっとしたテンプレートの変更や修正を行う時に便利なソースコード
2015年06月08日
Masonry + imagesLoaded でタイル状に要素 ...
2015年08月13日
git で簡単バックアップしてみる
2012年06月16日
プラグイン(Smooth Scroll Links [SSL] ...
2012年08月16日
MAMP でインストールした PHP の php.ini ファ ...
2013年04月22日
Google Analytics で ダウンロード数をカウント ...
2015年04月21日
WordPress でモバイルフレンドリー対応(Wptouch ...

WordPress でちょっとしたテンプレートの変更や修正を行う時に便利なソースコード

WordPress でちょとした変更や修正をテストサーバーを使わずに公開用のサーバーで直接行うための便利なソースコードです。WordPress でちょとした変更や修正をテストサーバーを使わずに公開用のサーバーで直接行うための便利なソースコードです。WordPress でちょとした変更や修正をテストサーバーを使わずに公開用のサーバーで直接行うための便利なソースコードです。

WordPress のテンプレートをカスタマイズする場合は、例えば自分の Mac に MAMP などで WordPress のテスト環境を用意して、そこでテストして問題がないかを確認してから公開用のサーバーにアップロードすることが一番いい訳ですが、そうも言ってられない場合もあったり単純に面倒臭かったり。

だからと言って、公開しているブログのレイアウトが崩れちゃったり、真っ白で何も表示されなくなっちゃったりってのは避けたいし・・・。

そんな時にちょっと便利なコードをシェア。

上記のような if 文を書いて「//テスト用のソースコード」に新しいソースコードを、「//オリジナルのソースコード」に今までのソースコードを書いておくと、ログインしているユーザーには「テスト用のソースコード」が、ログインしていないユーザー(読者)には「オリジナルのソースコード」の部分が表示されるようになります。

WordPress のユーザー管理機能を使って会員機能を実装したりしている、などの場合にはこの方法は使えませんが、WordPress の登録ユーザーが自分だけ(管理者のみ)の場合には、お手軽で便利な方法です。

テスト用のソースコードでちゃんと表示出来た場合には、if 文とオリジナルなソースコードを削除する事をお忘れなく。

でわでわ。







この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.