1. HOME
  2. カメラ
  3. カメラ機材
  4. 一眼レフカメラの選び方(画質を左右する映像素子のいろいろ)
2013年12月07日
EOS 7D の後継機種(EOS 7D Mark 2)のスペッ ...
2014年08月22日
Amazon でデジタルカメラが安いぞ!
2012年12月21日
EOS 7D と一緒に買ったもの
2013年04月02日
EOS 7D 用に単焦点レンズ EF50mm F1.4 を買っ ...
2014年08月11日
EF16-35mm F4L IS USM の評判がとても良いみ ...
2014年08月24日
EOS 7D 後継機のスペック情報(8/25 追記あり) ...

一眼レフカメラの選び方(画質を左右する映像素子のいろいろ)

デジカメラ選びにはいろいろと頭を悩ませるものです。結局、デザインとか価格で選んじゃったり。デジカメラ選びにはいろいろと頭を悩ませるものです。結局、デザインとか価格で選んじゃったり。デジカメラ選びにはいろいろと頭を悩ませるものです。結局、デザインとか価格で選んじゃったり。

以前のフィルムカメラは、レンズから取り込んだ光をフィルムに露光させて(光を当てて)映像を記録していました。

デジカメは、レンズから取り込んだ光をフィルムの代わりに映像素子に露光させて映像を記録します。

一般に、映像素子の大きさが大きいほど画質が良いとされていて、いわゆるフルサイズの映像素子を持った一眼レフカメラに、みんな憧れるようです。

ちなみに「フルサイズ」の意味はフィルムと同じ大きさ(フルサイズ)の映像素子ということ。

EOS 7D に搭載されている APS-C と呼ばれる映像素子は、厳密に規格化されているわけじゃないので、メーカーによって ASP-C といってもサイズが違うそうです。

必ずしもそうではないみたいだけど、映像素子サイズが大きい方が画質が良いとするならば、NEX-5 の方が EOS 7D よりも高画質。

もちろん、映像素子のサイズよりもレンズ性能とかの影響が大きいので、映像素子のサイズだけをもってして云々の議論をしても意味が無いとは思いますが、気分的には・・・

映像素子サイズのいろいろ

一般に、カメラは3種類に分類されてる。

  1. 一眼レフカメラ
  2. ミラーレス一眼
  3. コンパクトデジカメ(コンデジ)

っで、それぞれの違いは色々ありますが、デジタルカメラの中枢部分である映像素子のサイズが違います。基本的には大きい方が良い(高画質)。

ただ、例えば一眼レフだからといって、全て同じサイズの映像素子が使われているとは限りません。

映像素子は、大きく4種類。

  1. 35mmフルサイズ(36.0×24mm)
  2. APS-C(24.0×16mm)
  3. フォーサーズシステム(17.3×13mm)
  4. その他(フォーサーズよりも小さい)

例えば、一眼レフカメラでは、35mm フルサイズの映像素子を搭載した機種と、ASP-C サイズを搭載した機種などがあります。

Canon で言えば、EOS 1Dx や EOS 6D なんかがフルサイズ。EOS 7D や EOS Kiss は ASP-C。

また、人気のミラーレス一眼でもフォーサーズシステムを拡張したマイクロフォーサーズを搭載している機種や 一眼レフと同様に、ASP-C を搭載している機種があります。Sony の NEX は、ミラーレス一眼で ASP-C サイズの映像素子を搭載したことで話題になりました。

レンズやフラッシュなどの付属品は、後から交換もできますが、映像素子は後から交換することができません。なので、カメラを選ぶひとつの大きなポイントは映像素子のサイズです。

ASP-C サイズの違いでレンズの画角が変わる

レンズには、28mm とか 15-55mm とか、撮影できる焦点距離が表示されていて、それをひとつの基準としてレンズを選びますが、レンズに表記されている数値は、あくまでフルサイズの映像素子を持ったカメラの場合の焦点距離。

なので、例えば EOS 7D の場合、映像素子サイズが 22.3×14.9mm で、フルサイズ(36.0×24mm)の64% 弱のサイズのため、レンズ表記の数値を約1.6倍した画角になるみたいです。

例えば EOS 7D のキットレンズで、15mm-85mm ってのがありますけど、これはフルサイズで言うところの、(約)24mm-136mm と同じ画角のレンズということになります。

なので、レンズを買うときに、広角レンズが欲しいなぁということで 28mm のレンズを買っても EOS 7D に付けた場合には、実質約 44.8mm のレンズの画角となりますので、全然広角レンズとして機能しなかったりします。

逆に標準サイズ(50mm)のレンズが欲しいなぁと思った場合には、50mm のレンズを買うのではなくて、28mm(フルサイズ換算44.8mm)や35mm(フルサイズ換算56.0mm)のレンズを買う必要があります。

ちなみに、NIKON で ASP-C サイズが、23.7×15.6mm の場合、レンズの画角表示を 1.5倍してあげると、おおよそフルサイズの画角となります。

各社の ASP-C のサイズ

ということで、各社(各機種)の ASP-C のサイズです。

撮像素子メーカー製品
23.7×15.7mmPentaxK-5
23.7×15.6mmNikonD40
23.6×15.8mmD300, D300S, D200, D90, D80, D60, D40x, D5000, D3000
Sonyα100, α200, α300, α230, α330
PentaxK-x
23.6×15.6mmNikonD7000, D5100
FujifilmX-Pro1
23.5×15.7mmSonyα350, α380
PentaxK10D, K200D, K100D Super
SigmaSD1
23.5×15.6mmSonyα700, α77,α55, NEX-C3, NEX-7
23.4×15.6mmα550, α33, NEX-5, NEX-3
PentaxK20D, K-7
23.1×15.4mmNikonD3100
22.3×14.9mmCanonEOS 7D, EOS 50D, Kiss X3, X4, X5
22.2×14.8mmEOS 40D, Kiss X, X2, F
20.7×13.8mmSigmaSD9, SD10, SD14, SD15

<参考>
36.0×24mm – 35mmフルサイズ
24.0×16mm – APS-C (x1.5)
22.5×15mm – APS-C (x1.6)
17.3×13mm – フォーサーズシステム

出所:APS-Cサイズ – Wikipedia

カメラの外見では映像素子サイズはわかりませんが、映像素子のサイズを決めてから具体的な機種選びをするのも良いかもしれませんね。

でわでわ。






この記事にコメントする





Copyright © 2012 - 2014 MacBook Air とWordPressでこうなった All rights reserved
Powered by WordPress.