AppTag - Alfred v2 用 workflow
このエントリーをはてなブックマークに追加



AppTag の説明

ダウンロード

下記リンクをクリックして AppTag をダウンロードしてください。

AppTag ver. 1 をダウンロードする

インストール

  1. ダウンロードされたファイルをダブルクリックします。


  2. Alfred v2 の設定画面が開いてインストール確認のダイアログが出るので「Import」をクリックすればインストール完了。


  3. インストールが完了したら、ダウンロードしたファイルは削除しても構いません。

使い方

  1. Alfred ウインドウを開きます。

  2. 「apptag」と入力して、HTML タグを生成したいアプリの種類を選択します。

  3. 生成するタグのスタイルを選択します。

  4. HTML タグを生成したいアプリをアプリ名で検索します。

  5. 検索結果からアプリを選択してリターンキーを押すと、紹介用の HTML タグがクリップボードに保存されます。この時、⌘(コマンドキー)を押しながらリターンキーを押すと、HTML タグが自動的に入力場所にペーストされます。

アフィリエイト

  1. Alfred 設定画面を開いて、「Workflows」→「APPTAG」を選択して、AppTag の設定画面を開きます。
  2. 一番上にある「Script Filter」をダブルクリックして開きます。

  3. 右下の「Open workflow folder」をクリックして workflow フォルダを開きます。

  4. workflow フォルダ内にある「apptag.php」を開きます。

  5. 「apptag.php」の上から 7行目の 「private $aff_tracking_url = "http://c ・・(省略)・・ 2&RD_PARM1=";」の「"」と「"」の間の文字列を自分のリンクシェアトラッキング URL に置き換えます。
  6. 「apptag.php」を保存して閉じれば、以後生成される HTML タグは全てアフィリエイト対応となります。

アフィリエイトの設定については、時間が出来たら「setup」とかのコマンドで簡単に設定出来るようにしたいと思います。

関連記事:LinkShare のトラッキング URL の確認の方法


更新履歴


その他

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet